ClickHouseリリース19.14.3.3,2019-09-10で修正 

CVE-2019-15024 

Аn attacker that has write access to ZooKeeper and who ican run a custom server available from the network where ClickHouse runs, can create a custom-built malicious server that will act as a ClickHouse replica and register it in ZooKeeper. When another replica will fetch data part from the malicious replica, it can force clickhouse-server to write to arbitrary path on filesystem.

クレジット:Yandexの情報セキュリティチームのEldar Zaitov

CVE-2019-16535 

Аn OOB read, OOB write and integer underflow in decompression algorithms can be used to achieve RCE or DoS via native protocol.

クレジット:Yandexの情報セキュリティチームのEldar Zaitov

CVE-2019-16536 

スタックオーバーフローへのDoSによっても実行させることができ、悪意のある認証クライアント

クレジット:Yandexの情報セキュリティチームのEldar Zaitov

ClickHouseリリース19.13.6.1,2019-09-20で修正 

CVE-2019-18657 

テーブル関数 url この脆弱性により、攻撃者は要求に任意のHTTPヘッダーを挿入することができました。

クレジット: ニキータ-チホミロフ

ClickHouseリリース18.12.13、2018-09-10で修正されました 

CVE-2018-14672 

機能搭載CatBoostモデルの可路のフォーカストラバーサル読書任意のファイルをエラーメッセージが返されます。

クレジット:Yandexの情報セキュリティチームのアンドレイKrasichkov

ClickHouseリリース18.10.3、2018-08-13で修正されました 

CVE-2018-14671 

unixODBC許容荷重任意の共有オブジェクトからのファイルシステムにおけるリモートでコードが実行の脆弱性が存在します。

クレジット:Yandex情報セキュリティチームのAndrey KrasichkovとEvgeny Sidorov

ClickHouseリリース1.1.54388、2018-06-28で修正 

CVE-2018-14668 

“remote” テーブル関数で任意のシンボルを許可 “user”, “password” と “default_database” 分野を横断プロトコルの要求偽造攻撃であった。

クレジット:Yandexの情報セキュリティチームのアンドレイKrasichkov

ClickHouseリリース1.1.54390、2018-07-06で修正 

CVE-2018-14669 

ClickHouse MySQLクライアントがあった “LOAD DATA LOCAL INFILE” 機能が有効のとき、悪意のあるMySQLデータベース読む任意のファイルからの接続ClickHouseサーバーです。

クレジット:Yandex情報セキュリティチームのAndrey KrasichkovとEvgeny Sidorov

ClickHouseリリース1.1.54131、2017-01-10で修正 

CVE-2018-14670 

Debパッケージ内の不適切な構成は、データベースの不正使用につながる可能性があります。

クレジット:英国の国立サイバーセキュリティセンター(NCSC)

Rating: 4 - 1 votes

Was this content helpful?
★★★★☆