ClickHouseリリース19.17 

ClickHouse Release19.17.6.36,2019年12月27日 

バグ修正 

  • 固定力バッファオーバーフローして展開す. 悪意のあるユーザーで製作した圧縮データが読み後のバッファです。 この問題は、Yandex情報セキュリティチームのEldar Zaitovによって発見されました。 #8404 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定可能なサーバのクラッシュ (std::terminate)サーバーが文字列データ型の値を持つJSONまたはXML形式でデータを送信または書き込むことができない場合(UTF-8検証が必要)、またはBrotliアルゴリズムで結果デー #8384 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • Clickhouseからのソースを持つ固定辞書 VIEW そのような辞書を読んでもエラーは発生しません There is no query. #8351 (ニコライ-コチェトフ)
  • 固定照合するクライアントホストで許可されhost_regexp指定されます。xml。 #8241, #8342 (ヴィタリー-バラノフ)
  • RENAME TABLE 分散表現に変更、フォルダが挿入されデータを送信する前に破片. これにより、連続した名前変更の問題が修正されます tableA->tableB, tableC->tableA. #8306 (tavplubix)
  • range_hashed 外部辞書作成DDLわきの範囲は任意の数値です。 #8275 (アレサピン)
  • 固定 INSERT INTO table SELECT ... FROM mysql(...) テーブル関数。 #8234 (tavplubix)
  • で固定segfault INSERT INTO TABLE FUNCTION file() 存在しないファイルに挿入中。 この場合、ファイルが作成され、挿入が処理されます。 #8177 (Olga Khvostikova)
  • 固定bitmapAnd場合にはエラーに交差に集約ビットマップおよびスカラービットマップ. #8082 (越黄)
  • Segfaultを修正しました EXISTS クエリが使用されなかった TABLE または DICTIONARY 修飾子、ちょうどのような EXISTS t. #8213 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 関数の戻り値の型を修正しました randrandConstant null許容引数の場合。 今すぐ関数は常に戻ります UInt32 そして決して Nullable(UInt32). #8204 (ニコライ-コチェトフ)
  • 固定 DROP DICTIONARY IF EXISTS db.dict これで例外はスローされません db 存在しない #8185 (ヴィタリー-バラノフ)
  • さん完全に落ちてしまったがサーバのクラッシュ、サーバへの復元とその負荷で #8176 (tavplubix)
  • 複数のシャードローカルテーブルが存在する場合、分散テーブルの些細なカウントクエリを修正しました。 #8164 (小路)
  • DB::BlockStreamProfileInfo::calculateRowsBeforeLimitでデータレースにつながるバグを修正しました() #8143 (Alexander Kazakov)
  • 固定 ALTER table MOVE part 指定されたパーツをマージした直後に実行されます。 指定された部分を正しく移動します。 #8104 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • 辞書の式を文字列として指定できるようになりました。 これは、クリックハウス以外のソースからデータを抽出する際に属性の計算に役立ちます。 #8098 (アレサピン)
  • で非常にまれなレースを修正しました clickhouse-copier ZXidのオーバーフローのため。 #8088 (丁翔飛)
  • クエリが失敗した後(原因に “Too many simultaneous queries” たとえば)外部テーブル情報を読み込まず、
    次の要求はこの情報を次のクエリの先頭として解釈し、次のようなエラーを引き起こします Unknown packet from client. #8084 (Azat Khuzhin)
  • 後のnull逆参照を避ける “Unknown packet X from server” #8071 (Azat Khuzhin)
  • すべてのICUロケールのサポートを復元し、定数式の照合順序を適用し、言語名をシステムに追加する機能を追加します。照合テーブル。 #8051 (アレサピン)
  • 読み取り元のストリームの数 StorageFileStorageHDFS メモリ制限を超えないように制限されるようになりました。 #7981 (アレサピン)
  • 固定 CHECK TABLE クエリ *MergeTree キーのない表。 #7979 (アレサピン)
  • 突然変異がない場合に備えて、部品名から変異番号を削除しました。 これにより古いバージョンとの互換性が向上した。 #8250 (アレサピン)
  • Data_versionがテーブルの突然変異バージョンより大きいため、添付されている部分で突然変異がスキップされるバグを修正しました。 #7812 (Zhichang Yu)
  • を開始サポートしているサーバの冗長部の部品を移動した後、このようなたくさんの装置です。 #7810 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • エラーを修正しました “Sizes of columns doesn’t match” る面が表示される場合があ利用時の集計関数列あります。 #7790 (ボリス-グランヴォー)
  • これで、LIMIT BYと一緒にWITH TIESを使用する場合に例外がスローされます。 そして今、LIMIT BYでTOPを使用することができます。 #7637 (ニキータ-ミハイロフ)
  • それが持っている場合 invalidate_query これは、以前の更新の試行で更新といくつかの例外を停止しました。 #8029 (アレサピン)

ClickHouse Release19.17.4.11,2019年11月22日 

下位互換性のない変更 

  • 使用カラムの代わりにASTビスカラサブクエリの結果よりよい。 設定 enable_scalar_subquery_optimization 19.17に追加され、デフォルトで有効になりました。 繋がるようなエラー この 以前のバージョンから19.17.2または19.17.3へのアップグレード中。 この設定はデフォルトで無効にで19.17.4、可能からのアップグレード19.16、以前のバージョンなします。 #7392 (アモス鳥)

新機能 

  • DDLクエリで辞書を作成する機能を追加します。 #7360 (アレサピン)
  • 作る bloom_filter 索引のサポートのタイプ LowCardinalityNullable #7363 #7561 (ニコライ-コチェトフ)
  • 関数を追加 isValidJSON 渡された文字列が有効なjsonであることを確認する。 #5910 #7293 (Vdimir)
  • 実装 arrayCompact 関数 #7328 (メモ)
  • 作成された関数 hex 小数の場合。 このように動作 hex(reinterpretAsString()) しかし、最後のゼロバイトは削除しません。 #7355 (ミハイル-コロトフ)
  • 追加 arrayFillarrayReverseFill 要素を配列内のそれらの前後の他の要素に置き換える関数。 #7380 (hcz)
  • 追加 CRC32IEEE()/CRC64() サポート #7480 (Azat Khuzhin)
  • 実装 char に似た関数 mysql #7486 (スンディリ)
  • 追加 bitmapTransform 機能。 ビットマップ内の値の配列を別の値の配列に変換し、結果は新しいビットマップになります #7598 (Zhichang Yu)
  • 実装 javaHashUTF16LE() 関数 #7651 (アチンバ州)
  • 追加 _shard_num 分散エンジンの仮想列 #7624 (Azat Khuzhin)

実験的な特徴 

バグ修正 

  • で不正な浮動小数点解析を修正 Values #7817 #7870 (tavplubix)
  • 固定レア行き詰まりきれるようにすることがtrace_logが有効になります。 #7838 (フィリモノフ)
  • 防止のメッセージの複製を制作するカフカテーブルには、MVsの選択からで #7265 (イワン)
  • のサポート Array(LowCardinality(Nullable(String)))IN. 解決 #7364 #7366 (アチンバ州)
  • の処理を追加 SQL_TINYINTSQL_BIGINT、および修正の処理 SQL_FLOAT ODBCブリッジのデータソース型。 #7491 (デニス-グラザチェフ)
  • 集約を修正 (avg および分位数)空の十進数列に対する #7431 (アンドレイ-コニャエフ)
  • 修正 INSERT との分散に MATERIALIZED#7377 (Azat Khuzhin)
  • 作る MOVE PARTITION 仕事のパーツがあった場合にエントランスは目を引く壁面緑化依存度はさほど高くないものの、保存先ディスクまたは量 #7434 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • ハードリンクが変異中に作成されないバグを修正しました。 ReplicatedMergeTree マルチディスク構成で。 #7558 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • 部分全体が変更されず、別のディスクに最適なスペースが見つかっているときに、マージツリー上で突然変異を伴うバグを修正しました #7602 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • とのバグを修正 keep_free_space_ratio ディスク構成から読み取られない #7645 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • 修正のバグテーブルのみを含む Tuple 複雑なパスを持つ列または列。 修正 7541. #7545 (アレサピン)
  • Max_memory_usage制限内のバッファエンジンのメモリを考慮しない #7552 (Azat Khuzhin)
  • 最終的なマークの使用を修正 MergeTree テーブルの順序付け tuple(). まれに Can't adjust last granule 選択中にエラー。 #7639 (アントン-ポポフ)
  • クラッシュや奇妙な例外につながる可能性があり、コンテキスト(例えばjsonの関数)を必要とするアクションで述語を持つ突然変異のバグを修正し #7664 (アレサピン)
  • データベース名とテーブル名の不一致を修正 data/shadow/ ディレク #7575 (Alexander Burmak)
  • Support duplicated keys in RIGHT|FULL JOINs, e.g. ON t.x = u.x AND t.x = u.y. この場合のクラッシュを修正します。 #7586 (アルテム-ズイコフ)
  • 修正 Not found column <expression> in block 右結合または完全結合で式に結合する場合。 #7641 (アルテム-ズイコフ)
  • 無限ループを修正するもう一つの試み PrettySpace 形式 #7591 (Olga Khvostikova)
  • バグを修正 concat すべての引数が FixedString 同じサイズの。 #7635 (アレサピン)
  • S3、URL、HDFSストレージを定義する際に1つの引数を使用した場合の例外を修正しました。 #7618 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • クエリを持つビューのInterpreterSelectQueryのスコープを修正しました #7601 (Azat Khuzhin)

改善 

  • Nullable ODBC-bridgeによって認識される列とNULL値が正しく処理されます #7402 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 分散送信用の現在のバッチを原子的に書き込む #7600 (Azat Khuzhin)
  • クエリで列名のテーブルを検出できない場合は、例外をスローします。 #7358 (アルテム-ズイコフ)
  • 追加 merge_max_block_size への設定 MergeTreeSettings #7412 (アルテム-ズイコフ)
  • クエリ HAVING そしてなし GROUP BY 当グループによる定数です。 だから, SELECT 1 HAVING 1 今すぐ結果を返します。 #7496 (アモス鳥)
  • サポート解析 (X,) pythonに似たタプルとして。 #7501, #7562 (アモス鳥)
  • 作る range 関数の動作はpythonicのものとほぼ同じです。 #7518 (スンディリ)
  • 追加 constraints テーブルへの列 system.settings #7553 (ヴィタリー-バラノフ)
  • Tcpハンドラのためのより良いヌル形式、それが使用することが可能です select ignore(<expression>) from table format Null clickhouse顧客によるperfの測定のため #7606 (アモス鳥)
  • のようなクエリ CREATE TABLE ... AS (SELECT (1, 2)) 正しく解析されます #7542 (hcz)

性能向上 

造り/テスト/包装の改善 

その他 

ClickHouseリリース19.16 

ClickHouseリリース19.16.14.65,2020-03-25 

  • 複数の引数(10以上)の三項論理OPsのバッチ計算のバグを修正しました。 #8718 (Alexander Kazakov)このバグ修正はAltinityからの特別な要求によってバージョン19.16にバックポートされました。

ClickHouseリリース19.16.14.65,2020-03-05 

  • 古いCHバージョンとの分散サブクエリの非互換性を修正しました。 修正 #7851
    (tabplubix)
  • 実行するとき CREATE クエリー、倍定表現のストレージエンジンの引数です。 空のデータベー 修正 #6508, #3492. また、ローカルアドレスの確認を修正 ClickHouseDictionarySource.
    #9262 (tabplubix)
  • 今すぐ背景にマージ *MergeTree テーブルエンジンの家族の保存-保存政策に大量注文しております。
    #8549 (ウラジーミル-チェボタレフ)
  • データの損失を防ぐ Kafka まれに、suffixを読んだ後でコミットする前に例外が発生する場合。 修正 #9378. 関連: #7175
    #9507 (フィリモノフ)
  • のを修正した。先サーバを終了しようとした場合に使用/drop Kafka テーブル作成されたパラメータ。 修正 #9494. 組み込み #9507.
    #9513 (フィリモノフ)
  • 使用を許可する MaterializedView 上記のサブクエリで Kafka テーブル
    #8197 (フィリモノフ)

新機能 

  • 追加 deduplicate_blocks_in_dependent_materialized_views マテリアライズドビューを持つテーブルへの冪等挿入の動作を制御するオプション。 この新機能は、Altinityからの特別な要求によってバグ修正リリースに追加されました。
    #9070 (ユーリーキー)

ClickHouse Release19.16.2.2,2019年10月30日 

下位互換性のない変更 

  • Count/counIfの不足しているarity検証を追加します。
    #7095
    #7298 (Vdimir)
  • レガシーを削除 asterisk_left_columns_only 設定(デフォルトでは無効になっていました)。
    #7335 (Artem
    ズイコフ
    )
  • フォーマット文字列のためのテンプレートデータの形式は指定のファイルです。
    #7118
    (tavplubix)

新機能 

  • UniqCombined64()を導入して、uint_maxより大きい基数を計算します。
    #7213,
    #7222 (Azat
    Khuzhin
    )
  • 支援Bloom filterを指標配列に列あります。
    #6984
    (アチンバ州)
  • 関数の追加 getMacro(name) それは対応するの値を持つ文字列を返します <macros>
    サーバー構成から. #7240
    (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • HTTPソースに基づくディクショナリの構成オプションを設定します: credentials
    http-headers. #7092 (ギヨーム
    タッサリー
    )
  • 新しいProfileEventの追加 Merge これは、起動された背景マージの数をカウントします。
    #7093 (ミハイル
    コロトフ
    )
  • 完全修飾ドメイン名を返すfullHostName関数を追加します。
    #7263
    #7291 (スンディリ)
  • 関数を追加 arraySplitarrayReverseSplit これによって配列を分割する “cut off”
    条件だ それらは時系列の処理で有用である。
    #7294 (hcz)
  • MultiMatch関数ファミリー内のすべての一致したインデックスの配列を返す新しい関数を追加します。
    #7299 (ダニラ
    クテニン
    )
  • 新規データベースエンジンの追加 Lazy これは、多数の小ログを格納するために最適化されています
    テーブル #7171 (ニキータ
    ヴァシレフ
    )
  • ビットマップ列の集計関数groupBitmapAnd,-Or,-Xorを追加します。 #7109 (Zhichang
    ゆう
    )
  • Nullを返す集計関数のコンビネータ-OrNullと-OrDefaultを追加します
    または集計するものがない場合のデフォルト値。
    #7331
    (hcz)
  • カスタムエスケープをサポートするCustomSeparatedデータ形式の導入
    区切り文字ルール。 #7118
    (tavplubix)
  • 外部辞書のソースとしてRedisをサポートします。 #4361 #6962 (コムノディ, アントン
    ポポフ
    )

バグ修正 

  • 誤ったクエリ結果を修正 WHERE IN (SELECT ...) セクションと optimize_read_in_order
    使用される。 #7371 (アントン
    ポポフ
    )
  • プロジェクト外のファイルに依存するMariaDB認証プラグインを無効にしました。
    #7140 (ユーリー
    バラノフ
    )
  • 例外を修正 Cannot convert column ... because it is constant but values of constants are different in source and result これは関数が now(), today(),
    yesterday(), randConstant() 使用されます。
    #7156 (ニコライ
    コチェトフ
    )
  • TCP keep alive timeoutの代わりにHTTP keep alive timeoutを使用する問題を修正しました。
    #7351 (ヴァシーリー
    ネムコフ
    )
  • GroupBitmapOrのセグメンテーションエラーを修正しました(問題 #7109).
    #7289 (Zhichang
    ゆう
    )
  • マテリアライズドビュ
    #7175 (イワン)
  • 間違って修正 duration_ms の値 system.part_log テーブル。 それは十回オフでした。
    #7172 (Vladimir
    チェボタレフ
    )
  • 修正を解決するクラッシュライブビューテーブルの再可能なすべてのライブビュー。
    #7201
    (ヴザカズニコフ)
  • MergeTreeパーツの最小/最大インデックスでNULL値を正しくシリアル化します。
    #7234 (Alexander
    クズメンコフ
    )
  • 仮想列を配置しないでください。テーブルの作成時のsqlメタデータ CREATE TABLE AS.
    #7183 (イワン)
  • 固定の区分断層に ATTACH PART クエリ。
    #7185
    (アレサピン)
  • サブクエリ内の空と空の最適化によって与えられたいくつかのクエリの誤った結果を修正
    INNER/RIGHT JOIN. #7284 (ニコライ
    コチェトフ
    )
  • ライブビューのgetHeader()メソッドでAddressSanitizerエラーを修正しました。
    #7271
    (ヴザカズニコフ)

改善 

  • Queue_wait_max_ms待機が行われた場合にメッセージを追加します。
    #7390 (Azat
    Khuzhin
    )
  • 作られた設定 s3_min_upload_part_size テーブルレベル。
    #7059 (Vladimir
    チェボタレフ
    )
  • StorageFactoryでTTLをチェックします。 #7304
    (スンディリ)
  • 部分マージ結合(最適化)で左側のブロックをスカッシュします。
    #7122 (Artem
    ズイコフ
    )
  • レプリケートされたテーブルエンジンの突然変異で非決定性関数を許可しないでください。
    レプリカ間に不整合が生じる可能性があります。
    #7247 (Alexander
    カザコフ
    )
  • 無効メモリにトラッカーが変換の例外のスタックトレースを文字列になります。 これは、損失を防ぐことができ
    タイプのエラーメッセージの Memory limit exceeded サーバー上で、これは Attempt to read after eof クライアントの例外。 #7264
    (ニコライ-コチェトフ)
  • その他の形式の改善。 解決
    #6033,
    #2633,
    #6611,
    #6742
    #7215
    (tavplubix)
  • ClickHouseは、IN演算子の右側の値を無視します。
    side type. Make it work properly for compound types – Array and Tuple.
    #7283 (Alexander
    クズメンコフ
    )
  • ASOF結合の不等式の欠落をサポートします。 以下または等しいvariantとstrictを結合することは可能です
    ON構文のASOF列の大きい方と小さい方のバリアント。
    #7282 (Artem
    ズイコフ
    )
  • 部分マージ結合を最適化します。 #7070
    (アルテム-ズイコフ)
  • UniqCombined関数では98Kを超えるメモリを使用しないでください。
    #7236,
    #7270 (Azat
    Khuzhin
    )
  • PartialMergeJoinのディスク上の右側の結合テーブルの部分をフラッシュします(十分でない場合
    メモリ)。 負荷データが必要です。 #7186
    (アルテム-ズイコフ)

性能向上 

  • データの重複を避けることにより、const引数でjoinGetを高速化します。
    #7359 (アモス
    )
  • サブクエリが空の場合は、早期に戻ります。
    #7007 (小路)
  • 値のSQL式の解析を最適化します。
    #6781
    (tavplubix)

造り/テスト/包装の改善 

コードの消去 

  • 辞書のDDLを準備するために構成リポジトリを一般化します。 #7155
    (アレサピン)
  • 任意のセマンティックなし辞書DDLのためのパーサ。
    #7209
    (アレサピン)
  • ParserCreateQueryを別の小さなパーサーに分割します。
    #7253
    (アレサピン)
  • 外部ディクショナリの近くに小さなリファクタリングと名前変更。
    #7111
    (アレサピン)
  • Refactor一部のコードの準備のための役割ベースのアクセス制御です。 #7235 (ヴィタリ
    バラノフ
    )
  • データベースのいくつかの改善事例コード。
    #7086 (ニキータ
    ヴァシレフ
    )
  • ハッシュテーブルのfind()およびemplace()メソッドで反復子を使用しないでください。
    #7026 (Alexander
    クズメンコフ
    )
  • パラメータrootが空でない場合のgetMultipleValuesFromConfigを修正しました。 #7374
    (ミハイル-コロトフ)
  • いくつかのコピーペーストを削除します(TemporaryFileとTemporaryFileStream)
    #7166 (Artem
    ズイコフ
    )
  • コードの可読性を少し改善 (MergeTreeData::getActiveContainingPart).
    #7361 (Vladimir
    チェボタレフ
    )
  • お待ちすべての予定の仕事をローカルオブジェクトの場合 ThreadPool::schedule(...) スロー
    例外です。 名前変更 ThreadPool::schedule(...)ThreadPool::scheduleOrThrowOnError(...)
    固定のコメントを明らかな場合にスロー.
    #7350
    (tavplubix)

ClickHouseリリース19.15 

ClickHouse Release19.15.4.10,2019年10月31日 

バグ修正 

ClickHouse Release19.15.3.6,2019-10-09 

バグ修正 

ClickHouseリリース19.15.2.2,2019-10-01 

新機能 

  • 段階のストレージへのサポート使用数量のためのテーブルMergeTreeエンジンです。 新しいデータをSSDに保存し、古いデータを自動的にHDDに移動することができます。 (). #4918 (Igr) #6489 (アレサピン)
  • テーブル関数の追加 input 入って来るデータを読むため INSERT SELECT クエリ。 #5450 (パラソニック1color) #6832 (アントン-ポポフ)
  • Aを追加 sparse_hashed 辞書レイアウトは、機能的には hashed レイアウトが、より効率的なメモリです。 これは、より遅い値の取得を犠牲にして約二倍少ないメモリを使用しています。 #6894 (Azat Khuzhin)
  • 辞書にアクセスするユーザーのリストを定義する機能を実装します。 のみ接続中のデータベース。 #6907 (ギヨーム-タッセリー)
  • 追加 LIMIT オプション SHOW クエリ。 #6944 (フィリップ-マルコフスキー)
  • 追加 bitmapSubsetLimit(bitmap, range_start, limit) 最小の部分集合を返す関数 limit より小さくないセット内の値 range_start. #6957 (Zhichang Yu)
  • 追加 bitmapMinbitmapMax 機能。 #6970 (Zhichang Yu)
  • 関数を追加 repeat 関連する 問題-6648 #6999 (フリン)

実験的な特徴 

  • 現在のパイプラインを変更しないマージ結合バリアントを実装する(メモリ内)。 結果はマージキーで部分的にソートされます。 セット partial_merge_join = 1 この機能を使用します。 Merge Joinはまだ開発中です。 #6940 (アルテム-ズイコフ)
  • 追加 S3 エンジンおよびテーブル機能。 まだ開発中です(認証サポートはまだありません)。 #5596 (ウラジーミル-チェボタレフ)

改善 

  • 全てのメッセージから読み込むカフカを挿入し、原子. これにより、Kafka engineのほぼすべての既知の問題が解決されます。 #6950 (イワン)
  • 分散クエリのフェールオーバーの改善。 回復時間を短くして下さい、またそれは今構成可能で、見ることができます system.clusters. #6399 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 列挙型の数値を直接サポート IN セクション #6766 #6941 (dimarub2000)
  • サポート(オプション、障害者によるデフォルト)のリダイレクトURLに保管します。 #6914 (maqroll)
  • 古いバージョンのクライア #6893 (フィリップ-マルコフスキー)
  • 分散テーブルでのデータ送信の最大バックオフスリープ時間制限の削除 #6895 (Azat Khuzhin)
  • 追加送れるプイベントカウンター)との累積値をグラファイトを表してい これは <events_cumulative> サーバー内 config.xml. #6969 (Azat Khuzhin)
  • 自動的にキャストタイプを追加 TLowCardinality(T) 型の列にデータを挿入するとき LowCardinality(T) HTTP経由でネイティブ形式で。 #6891 (ニコライ-コチェトフ)
  • 機能を使用する機能を追加 hex 使用しないで reinterpretAsString のために Float32, Float64. #7024 (ミハイル-コロトフ)

造り/テスト/包装の改善 

  • デバッグ情報を使用してclickhouseバイナリにgdb-indexを追加します。 それはの起動時間をスピードアップします gdb. #6947 (アレサピン)
  • 使用するパッチを適用されたdpkg-debによるdebパッケージングの高速化 pigz. #6960 (アレサピン)
  • セット enable_fuzzing = 1 すべてのプロジェクトコードのlibfuzzer計測を有効にするには。 #7042 (キプリゼル)
  • CIに分割ビルド煙テストを追加します。 #7061 (アレサピン)
  • CiにMemorySanitizerでビルドを追加します。 #7066 (Alexander Kuzmenkov)
  • 置換 libsparsehashsparsehash-c11 #6965 (Azat Khuzhin)

バグ修正 

下位互換性のない変更 

  • 変更直列化形式のビットマップ*集計機能状態の性能の向上を図ります。 直列化された状態のビットマップからは、以前のバージョン読み込むことができません。 #6908 (Zhichang Yu)

ClickHouseリリース19.14 

ClickHouse Release19.14.7.15,2019-10-02 

バグ修正 

ClickHouse Release19.14.6.12,2019-09-19 

バグ修正 

  • 機能のための苦境 АrrayEnumerateUniqRanked paramsに空の配列があります。 #6928 (プロラー)
  • とクエリ内の固定サブクエリ名 ARRAY JOINGLOBAL IN subquery 別名を持つ。 外部テーブル名が指定されている場合は、副問合せ別名を使用します。 #6934 (イワン)

造り/テスト/包装の改善 

  • 修正 フラッピング テスト 00715_fetch_merged_or_mutated_part_zookeeper 突然変異が適用されるのを待つ必要があるため、シェルスクリプトに書き換えることです。 #6977 (Alexander Kazakov)
  • 機能の固定UBSanおよびMemSanの失敗 groupUniqArray emtpy配列の引数を指定します。 それは空の配置によって引き起こされた PaddedPODArray へのハッシュテーブルのゼロの細胞でのコンストラクターゼの細胞値ませんでした。 #6937 (アモス鳥)

ClickHouse Release19.14.3.3,2019-09-10 

新機能 

  • WITH FILL 修飾子のための ORDER BY. (の続き #5069) #6610 (アントン-ポポフ)
  • WITH TIES 修飾子のための LIMIT. (の続き #5069) #6610 (アントン-ポポフ)
  • 引用符なしの解析 NULL NULLとしてリテラル(設定の場合 format_csv_unquoted_null_literal_as_null=1). このフィールドのデータ型がnull許容でない場合(設定の場合)、nullフィールドを既定値で初期化します input_format_null_as_default=1). #5990 #6055 (tavplubix)
  • 表関数のパスでのワイルドカードのサポート filehdfs. パスにワイルドカードが含まれる場合、テーブルはreadonlyになります。 使用例: select * from hdfs('hdfs://hdfs1:9000/some_dir/another_dir/*/file{0..9}{0..9}')select * from file('some_dir/{some_file,another_file,yet_another}.tsv', 'TSV', 'value UInt32'). #6092 (Olga Khvostikova)
  • 新しい system.metric_log の値を格納するテーブル system.eventssystem.metrics 指定された時間間隔で。 #6363 #6467 (ニキータ-ミハイロフ) #6530 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ClickHouseテキストログの書き込みを許可する system.text_log テーブル。 #6037 #6103 (ニキータ-ミハイロフ) #6164 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ショー民間のシンボルスタックトレース(ターを通じて構文解析シンボルテーブルのELFファイル). 追加情報ファイルと行番号をスタックトレースの場合のデバッグ情報があります。 高速シンボル名のルックアップインデックスの記号が存在します。 内観のための新しいSQL関数を追加しました: demangleaddressToLine. 名前変更された関数 symbolizeAddressaddressToSymbol 一貫性のために。 関数 addressToSymbol パフォーマンス上の理由から壊れた名前を返し、適用する必要があります demangle. 設定を追加 allow_introspection_functions デフォルトではオフになっています。 #6201 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • テーブル関数 values (名前は大文字と小文字を区別しません)。 ることができるから読み込む VALUES で提案されたリスト #5984. 例: SELECT * FROM VALUES('a UInt64, s String', (1, 'one'), (2, 'two'), (3, 'three')). #6217. #6209 (dimarub2000)
  • ストレージ設定を変更する機能を追加しました。 構文: ALTER TABLE <table> MODIFY SETTING <setting> = <value>. #6366 #6669 #6685 (アレサピン)
  • 孤立した部品の取除くためのサポート。 構文: ALTER TABLE <table_name> DROP DETACHED PART '<part_id>'. #6158 (tavplubix)
  • テーブル制約。 挿入時にチェックされるテーブル定義に制約を追加することができます。 #5273 (グレブ-ノビコフ) #6652 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • カスケードマテリアライズドビューのSuppport。 #6324 (アモス鳥)
  • On queryプロファイラのデフォルトでサンプル毎にクエリの実行スレッドだ。 #6283 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 入力形式 ORC. #6454 #6703 (akonyaev90)
  • 二つの新機能を追加しました: sigmoidtanh (機械学習アプリケーションに役立ちます)。 #6254 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 関数 hasToken(haystack, token), hasTokenCaseInsensitive(haystack, token) 指定されたトークンがhaystackにあるかどうかを確認する。 トークンは、英数字でないASCII文字(またはhaystackの境界)の間の最大長の部分文字列です。 Tokenは定数文字列である必要があります。 Tokenbf_v1インデックス特殊化でサポートされます。 #6596, #6662 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 新しい機能 neighbor(value, offset[, default_value]). データのブロック内の列内の前/次の値に到達することができます。 #5925 (Alex Krash) 6685365ab8c5b74f9650492c88a012596eb1b0c6 341e2e4587a18065c2da1ca888c73389f48ce36c アレクセイ-ミロヴィドフ
  • 関数の作成 currentUser()、許可されたユーザのログインを返す。 エイリアスを追加 user() MySQLとの互換性のため。 #6470 (Alex Krash)
  • 新しい集計関数 quantilesExactInclusivequantilesExactExclusive で提案された #5885. #6477 (dimarub2000)
  • 関数 bitmapRange(bitmap, range_begin, range_end) 指定された範囲を持つ新しいセットを返します。 range_end). #6314 (Zhichang Yu)
  • 関数 geohashesInBox(longitude_min, latitude_min, longitude_max, latitude_max, precision) これは、提供された領域をカバーするgeohashボックスの精度の長い文字列の配列を作成します。 #6127 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 挿入クエリのサポートを実装する Kafka テーブル #6012 (イワン)
  • 追加されたサポート _partition_timestamp カフカエンジンへの仮想列。 #6400 (イワン)
  • から機密データを削除する可能性 query_log、サーバーログ、regexpベースのルールを持つプロセスリスト。 #5710 (フィリモノフ)

実験的な特徴 

バグ修正 

  • このリリースには、19.13と19.11のすべてのバグ修正も含まれています。
  • 固定の区分断層のテーブルはスキップ指標および垂直統合などが挙げられる。 #6723 (アレサピン)
  • 非自明な列のデフォルトで列ごとのTTLを修正しました。 以前は強制TTLマージの場合 OPTIMIZE ... FINAL クエリー、終了しました値に置き換えられたタイプのデフォルトの代わりにユーザが指定した列のデフォルトする #6796 (アントン-ポポフ)
  • 固定カフカメッセージの複製問題が通常のサーバを再起動します。 #6597 (イワン)
  • カフカメッセージを読み取るときに固定無限ループ。 そうしないと、一部のシナリオで無期限に一時停止されることがあります。 #6354 (イワン)
  • 修正 Key expression contains comparison between inconvertible types 例外 bitmapContains 機能。 #6136 #6146 #6156 (dimarub2000)
  • 有効でsegfaultを修正 optimize_skip_unused_shards シャーディングキーがない #6384 (アントン-ポポフ)
  • 固定の間違ったコードに変異のありメモリが破損す アドレスの読み取りで固定segfault 0x14c0 それは同時に起こった可能性があります DROP TABLESELECT から system.parts または system.parts_columns. 突然変異クエリの準備における競合状態を修正しました。 によるデッドロックを修正 OPTIMIZE 変更のようなレプリケートされたテーブルと同時変更操作の。 #6514 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • MySQLインターフェイスで余分な冗長ロギングを削除 #6389 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ブール値の設定を解析する機能を返します ‘true’ と ‘false’ 設定ファイル内。 #6278 (アレサピン)
  • でクラッシュを修正 quantilemedian 関数オーバー Nullable(Decimal128). #6378 (アルテム-ズイコフ)
  • によって返される不完全な結果を修正 SELECT クエリ WHERE 主キーの条件に浮動小数点型への変換が含まれていました。 これは単調性の誤ったチェックによって引き起こされた toFloat 機能。 #6248 #6374 (dimarub2000)
  • チェック max_expanded_ast_elements 突然変異の設定。 後の明確な突然変異 TRUNCATE TABLE. #6205 (冬張)
  • キー列の結合結果を修正 join_use_nulls. 列の既定値の代わりにNullを添付します。 #6249 (アルテム-ズイコフ)
  • 垂直マージと変更とスキップインデックスの修正。 のための修正 Bad size of marks file 例外だ #6594 #6713 (アレサピン)
  • で珍しいクラッシュを修正 ALTER MODIFY COLUMN マージされた/変更された部分のいずれかが空の場合(0行)、垂直マージ) #6746 #6780 (アレサピン)
  • の変換のバグを修正しました LowCardinality タイプ AggregateFunctionFactory. この修正 #6257. #6281 (ニコライ-コチェトフ)
  • 間違った動作と可能なsegfaultsを修正 topKtopKWeighted 集計関数。 #6404 (アントン-ポポフ)
  • 安全でないコードを修正 getIdentifier 機能。 #6401 #6409 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 問題を修正しましたMySQLのワイヤーロを使用すると接続するClickHouse形MySQLクライアント). によるヒープバッファオーバーフロー PacketPayloadWriteBuffer. #6212 (ユーリー-バラノフ)
  • 修正されたメモリリーク bitmapSubsetInRange 機能。 #6819 (Zhichang Yu)
  • 粒度の変更後に突然変異が実行される珍しいバグを修正しました。 #6816 (アレサピン)
  • きprotobufメッセージの全ての分野でのデフォルトです。 #6132 (ヴィタリー-バラノフ)
  • バグを解決する nullIf 私達がaを送る場合の機能 NULL 第二の引数の引数。 #6446 (ギヨーム-タッセリー)
  • 無限のメモリ消費(メモリリークのように見える)につながる文字列フィールドを持つ複雑なキーキャッシュ辞書で間違ったメモリ割り当て/割り当て解除 バグは、文字列のサイズが八から始まる二の累乗(8、16、32など)だったときに再現します。 #6447 (アレサピン)
  • 固定Gorillaエンコーディングの小型配列により例外 Cannot write after end of buffer. #6398 #6444 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 結合でnull許容できない型を使用できるようにする join_use_nulls 有効。 #6705 (アルテム-ズイコフ)
  • 無効にする Poco::AbstractConfiguration クエリ内の置換 clickhouse-client. #6706 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • でデッドロックを回避 REPLACE PARTITION. #6677 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • を使用して arrayReduce 定数引数の場合、segfaultにつながる可能性があります。 #6242 #6326 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 後にレプリカが復元された場合に表示される矛盾した部分を修正 DROP PARTITION. #6522 #6523 (tavplubix)
  • 固定ハングイン JSONExtractRaw 機能。 #6195 #6198 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 修正のバグと誤ったスキップ指数の直列化を行い、その凝集と適応粒度. #6594. #6748 (アレサピン)
  • 修正 WITH ROLLUPWITH CUBE の修飾子 GROUP BY 二レベルの集計を使って。 #6225 (アントン-ポポフ)
  • 適応粒度で二次インデックスマークを書くとバグを修正しました。 #6126 (アレサピン)
  • サーバーの起動時に初期化の順序を修正しました。 以来 StorageMergeTree::background_task_handle で初期化される。 startup() その MergeTreeBlockOutputStream::write() 初期化の前に使用しようとする可能性があります。 すぐチェックインの場合は初期化されます。 #6080 (イワン)
  • エラーで完了した前の読み取り操作からデータバッファをクリアします。 #6026 (ニコライ)
  • 固定バを適応的粒度を新規作成時のレプリカのための複製*MergeTreeます。 #6394 #6452 (アレサピン)
  • 例外が発生した場合にサーバーの起動時にクラッシュする可能性を修正 libunwind 未初期化へのアクセス時の例外中 ThreadStatus 構造。 #6456 (ニキータ-ミハイロフ)
  • でクラッシュを修正 yandexConsistentHash 機能。 ファズテストによって発見。 #6304 #6305 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定の可能性を掛けのクエリがサーバが過負荷状態で運転され、グローバルスレッドプールが近い。 これは、分散クエリが各シャードに接続ごとにスレッドを割り当てるため、多数のシャード(数百)を持つクラスターで発生する可能性が高くなります。 例えば、この問題が再現場クラスターの330の破片が処理を同時30分布します。 この問題は19.2以降のすべてのバージョンに影響します。 #6301 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • の固定ロジック arrayEnumerateUniqRanked 機能。 #6423 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定segfaultデコードする際のシンボル。 #6603 (アモス鳥)
  • キャストの無関係な例外を修正しました LowCardinality(Nullable) to not-Nullable column in case if it doesn't contain Nulls (e.g. in query like SELECT CAST(CAST('Hello' AS LowCardinality(Nullable(String))) AS String). #6094 #6119 (ニコライ-コチェトフ)
  • の説明の余分な引用を削除しました system.settings テーブル。 #6696 #6699 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • で可能なデッドロックを回避 TRUNCATE 複製されたテーブルの。 #6695 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ソートキーの順に読み取りを修正しました。 #6189 (アントン-ポポフ)
  • 修正 ALTER TABLE ... UPDATE テーブルのクエリ enable_mixed_granularity_parts=1. #6543 (アレサピン)
  • で開かれたバグを修正 #4405 (19.4.0以降)。 列を照会しないときに、MergeTreeテーブル上の分散テーブルへのクエリを再現します (SELECT 1). #6236 (アレサピン)
  • 符号付き型から符号なし型への整数除算でのオーバーフローを修正。 この動作は、cまたはC++言語(整数昇格規則)とまったく同じで、驚くべきことです。 大きな符号付き数値を大きな符号なし数値に分割する場合、またはその逆に分割する場合は、オーバーフローが可能であることに注意してください(ただし、 の問題が全てのサーバーのバージョン #6214 #6233 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • スロットルの最大スリープ時間を制限する場合 max_execution_speed または max_execution_speed_bytes 設定されています。 固定falseのようなエラー Estimated query execution time (inf seconds) is too long. #5547 #6232 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 使用に関する問題を修正 MATERIALIZED 列とエイリアス MaterializedView. #448 #3484 #3450 #2878 #2285 #3796 (アモス鳥) #6316 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 修正 FormatFactory プロセッサとして実装されていない入力ストリームの動作。 #6495 (ニコライ-コチェトフ)
  • タイプミスを修正。 #6631 (アレックス-リンディン)
  • エラーメッセージの入力ミス(is->are)。 #6839 (デニス-ジュラヴレフ)
  • Typeにカンマが含まれている場合、stringからの列リストの解析中にエラーが修正されました(この問題は File, URL, HDFS ストレージ) #6217. #6209 (dimarub2000)

セキュリティ修正 

  • このリリースも含む全てのバグのセキュリティ修正をか19.13と19.11.
  • 固定の可能性に作製したクエリがサーバのクラッシュによるスタックオーバーフローアプリケーションパーサです。 固定の可能性スタックオーバーフローに統合、配布し、テーブルが現実の景色の件本件は、行レベルのセキュリティなサブクエリ. #6433 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

改善 

  • のための三項論理の正しい実装 AND/OR. #6048 (Alexander Kazakov)
  • 有効期限が切れたTTLの値と行は、次のように削除されます OPTIMIZE ... FINAL query from old parts without TTL infos or with outdated TTL infos, e.g. after ALTER ... MODIFY TTL クエリ。 クエリの追加 SYSTEM STOP/START TTL MERGES 可に/を割り当てを合併TTLおよびフィルター終了しました値をすべてが合併。 #6274 (アントン-ポポフ)
  • 使用してクライアントのClickHouse履歴ファイルの場所を変更する可能性 CLICKHOUSE_HISTORY_FILE env. #6840 (フィリモノフ)
  • 削除 dry_run からの旗 InterpreterSelectQuery. … #6375 (ニコライ-コチェトフ)
  • サポート ASOF JOINON セクション #6211 (アルテム-ズイコフ)
  • よりよい支援をスキップ指数の突然変異およびます。 のサポート MATERIALIZE/CLEAR INDEX ... IN PARTITION クエリ。 UPDATE x = x recalculatesすべての指標を使用するカラム x. #5053 (ニキータ-ヴァシレフ)
  • 許可する ATTACH ライブビュー(たとえば、サーバー起動時)に関係なく allow_experimental_live_view 設定。 #6754 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • のためのスタックトレースに集まるエリプロファイラに含まれているものも含むスタックフレームが発生するqueryプロファイラです。 #6250 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 今すぐテーブル関数 values, file, url, hdfs 別名の列をサポートしています。 #6255 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 例外をスローする場合 config.d fileには、設定ファイルとして対応するルート要素がありません。 #6123 (dimarub2000)
  • のための例外メッセージに余分な情報を印刷 no space left on device. #6182, #6252 #6352 (tavplubix)
  • のシャードを決定するとき Distributed 読み取りクエリでカバーされるテーブル optimize_skip_unused_shards =1)ClickHouseは今両方からの条件を点検します prewherewhere select文の句。 #6521 (Alexander Kazakov)
  • 有効 SIMDJSON AVX2のないしかしSSE4.2およびPCLMULの指示セットが付いている機械のため。 #6285 #6320 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ClickHouseはファイルシステムで O_DIRECT 追加のチューニングなしのサポート(ZFSやBtrFSなど)。 #4449 #6730 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 最終サブクエリのプッシュダウン述語をサポート。 #6120 (Tシーズン) #6162 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • より良い JOIN ON キー抽出 #6131 (アルテム-ズイコフ)
  • Upated SIMDJSON. #6285. #6306 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 最小の列の選択を最適化する SELECT count() クエリ。 #6344 (アモス鳥)
  • 追加 strict パラメータin windowFunnel(). ときに strict は、 windowFunnel() 一意の値にのみ条件を適用します。 #6548 (アチンバ州)
  • より安全なインタフェース mysqlxx::Pool. #6150 (アヴァシリエフ)
  • オプションの行サイズ --help オプションに対応した端末のサイズです。 #6590 (dimarub2000)
  • 無効にする “read in order” キーなしの集計の最適化。 #6599 (アントン-ポポフ)
  • HTTPステータスコード INCORRECT_DATATYPE_MISMATCH エラーコードをデフォルトから変更 500 Internal Server Error400 Bad Request. #6271 (アレクサンドロダン)
  • 結合オブジェクトの移動 ExpressionActionAnalyzedJoin. ExpressionAnalyzerExpressionAction 知らない Join もう授業だ その論理は AnalyzedJoin アイフェイス #6801 (アルテム-ズイコフ)
  • 固定可能な行き詰まりの分散クエリーの資料はlocalhostでのクエリを送ネットワーク経由で接続します。 #6759 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 複数のテーブルの意味を変更 RENAME 可能なデッドロックを避けるため。 #6757. #6756 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 書き換えMySQLサーバーの互換性防止への負荷フルパケットペイロードに。 各接続のメモリ消費を約 2 * DBMS_DEFAULT_BUFFER_SIZE (読み取り/書き込みバッファ)。 #5811 (ユーリー-バラノフ)
  • クエリセマンティクスについて何も知らなくてもパーサーからAST別名の解釈ロジックを移動します。 #6108 (アルテム-ズイコフ)
  • もう少し安全な解析 NamesAndTypesList. #6408. #6410 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • clickhouse-copier:使用を許可 where_condition 設定から partition_key エイリアスクエリのためのチェック分配の存在についても同様とすでに使用されただけでデータを読み込むクエリ). #6577 (プロラー)
  • オプションのメッセージ引数を throwIf. (#5772) #6329 (Vdimir)
  • 挿入データの送信中にサーバー例外が発生し、クライアントでも処理されます。 #5891 #6711 (dimarub2000)
  • 指標を追加 DistributedFilesToInsert その総数のファイルをファイルシステムを送信リモートサーバーに配布します。 この数は、すべてのシャードで合計されます。 #6600 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ほとんどの結合の移動準備ロジックから ExpressionAction/ExpressionAnalyzerAnalyzedJoin. #6785 (アルテム-ズイコフ)
  • ツァンを修正 警告 ‘lock-order-inversion’. #6740 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • Linuxの機能の欠如に関するより良い情報メッセージ。 致命的なエラーのログ “fatal” レベルとして迎えることを見 system.text_log. #6441 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ディスクへの一時データのダンプを有効にして、メモリ使用量を制限する場合 GROUP BY, ORDER BY ディスクの空き容量をチェックしませんでした。 修正は、新しい設定を追加します min_free_disk_space、空きディスク領域は、それがしきい値より小さい場合、クエリが停止し、スローされます ErrorCodes::NOT_ENOUGH_SPACE. #6678 (Weiqing Xu) #6691 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • スレッドによる再帰rwlockを削除しました。 スレッドはクエリ間で再利用されるため、意味がありません。 SELECT クエリがロックを取得するスレッド、ロックから別のスレッドの出口から。 同時に、最初のスレッドは次のように再利用できます DROP クエリ。 これはfalseにつながります “Attempt to acquire exclusive lock recursively” メッセージ #6771 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 分割 ExpressionAnalyzer.appendJoin(). 場所を準備する ExpressionAnalyzer のために MergeJoin. #6524 (アルテム-ズイコフ)
  • 追加 mysql_native_password MySQL互換サーバーへの認証プラグイン。 #6194 (ユーリー-バラノフ)
  • より少ない数の clock_gettime デバッグ/リリース間のABIの互換性を修正しました。 Allocator (重要でない問題)。 #6197 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 移動 collectUsedColumns から ExpressionAnalyzerSyntaxAnalyzer. SyntaxAnalyzer 作る required_source_columns 今自体。 #6416 (アルテム-ズイコフ)
  • 設定を追加 joined_subquery_requires_alias サブセレクトおよびテーブル関数にエイリアスを要求するには FROM that more than one table is present (i.e. queries with JOINs). #6733 (アルテム-ズイコフ)
  • 抽出 GetAggregatesVisitor クラスから ExpressionAnalyzer. #6458 (アルテム-ズイコフ)
  • system.query_log:データ型の変更 type 列へ Enum. #6265 (ニキータ-ミハイロフ)
  • の静的リンク sha256_password 認証プラグイン。 #6512 (ユーリー-バラノフ)
  • 設定の余分な依存関係を避ける compile 仕事に 以前のバージョンでは、 cannot open crti.o, unable to find library -lc 等。 #6309 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 悪意のあるレプリカから来る可能性のある入力のより多くの検証。 #6303 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • さて clickhouse-obfuscator ファイルは clickhouse-client パッケージ。 以前のバージョンでは clickhouse obfuscator (空白付き)。 #5816 #6609 (dimarub2000)
  • 私たちは、異なる順序で少なくとも二つのテーブルを読み取り、いずれかのテーブルにDDL操作を実行する別のクエリを少なくとも二つのクエリを持って 非常に稀なデッドロックを修正しました。 #6764 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 追加 os_thread_ids 列へ system.processessystem.query_log より良いデバッグの可能性。 #6763 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 以下の場合に発生するPHP mysqlnd拡張バグの回避策 sha256_password デフォルトの認証プラグインとして使用されます #6031). #6113 (ユーリー-バラノフ)
  • Null許容列が変更された不要な場所を削除します。 #6693 (アルテム-ズイコフ)
  • デフォルト値の設定 queue_max_wait_ms 現在の値(五秒)は意味がありませんので、ゼロにします。 この設定が使用されることはまれです。 設定の追加 replace_running_query_max_wait_ms, kafka_max_wait_msconnection_pool_max_wait_ms 曖昧さの解消のために。 #6692 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 抽出 SelectQueryExpressionAnalyzer から ExpressionAnalyzer. 非選択クエリの最後のクエリを保持します。 #6499 (アルテム-ズイコフ)
  • 入力形式と出力形式の重複を削除しました。 #6239 (ニコライ-コチェトフ)
  • ユーザーに上書きを許可する poll_intervalidle_connection_timeout 接続時の設定。 #6230 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • MergeTree 現在、追加オプション ttl_only_drop_parts (デフォルトでは無効)部品の部分的な剪定を避けるため、部品内のすべての行が期限切れになったときに完全に削除されます。 #6191 (セルジ-ウラジキン)
  • 型は、set index関数をチェックします。 関数の型が間違っている場合は例外をスローします。 これは、UBSanでファズテストを修正します。 #6511 (ニキータ-ヴァシレフ)

性能向上 

  • クエリの最適化 ORDER BY expressions 句,where expressions ソートキーとプレフィックスが一致している MergeTree テーブル この最適化は optimize_read_in_order 設定。 #6054 #6629 (アントン-ポポフ)
  • 使用に応じることは、複数のスレッドの中で部品の搭載となります。 #6372 #6074 #6438 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 実施バッチ変異体の更新に集計機能です。 で与えられる実装になっていると性能です。 #6435 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • を使用して FastOps 関数用ライブラリ exp, log, sigmoid, tanh. FastOpsはマイケルParakhin(YandexのCTO)から高速ベクトル数学ライブラリです。 の改善された性能 explog 機能6回以上。 機能 explog から Float32 引数が返されます Float32 (以前のバージョンでは、常に戻ります Float64). さて exp(nan) 返すように inf. の結果 explog 関数は、真の答えに最も近いマシン表現可能な数ではないかもしれません。 #6254 (アレクセイ-ミロヴィドフ)Fastopsを働かせるDanila Kuteninの変形を使用して #6317 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 連続キーの最適化を無効にする UInt8/16. #6298 #6701 (akuzm)
  • の改善された性能 simdjson 図書館によくダイナミックな割り当てる ParsedJson::Iterator. #6479 (ヴィタリー-バラノフ)
  • メモリを割り当てるときの障害前のページ mmap(). #6667 (akuzm)
  • パフォーマンスバグを修正 Decimal 比較。 #6380 (アルテム-ズイコフ)

造り/テスト/包装の改善 

下位互換性のない変更 

  • めったに使用されない表関数を削除 catBoostPool そして貯蔵 CatBoostPool. を使った場合、このテーブル機能、メールを書いてください [email protected]. CatBoost統合は引き続きサポートされることに注意してください。 #6279 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 無効にする ANY RIGHT JOINANY FULL JOIN デフォルトでは。 セット any_join_distinct_right_table_keys それらを有効にする設定。 #5126 #6351 (アルテム-ズイコフ)

ClickHouseリリース19.13 

ClickHouseリリース19.13.6.51,2019-10-02 

バグ修正 

  • このリリースも含む全てのバグ修正から19.11.12.69.

ClickHouseリリース19.13.5.44,2019-09-20 

バグ修正 

ClickHouseリリース19.13.4.32,2019-09-10 

バグ修正 

セキュリティ修正 

  • 修二の脆弱性がコーデックに減圧相(悪意のあるユーザーが可能で圧縮データにつながるバッファオーバーフローの減圧). #6670 (アルテム-ズイコフ)

ClickHouse Release19.13.3.26,2019-08-22 

バグ修正 

  • 修正 ALTER TABLE ... UPDATE テーブルのクエリ enable_mixed_granularity_parts=1. #6543 (アレサピン)
  • タプルを持つサブクエリでin句を使用するときにnpeを修正しました。 #6125 #6550 (tavplubix)
  • 古いレプリカがアライブ状態になっても、DROP PARTITIONによって削除されたデータパーツが残っている可能性がある問題を修正しました。 #6522 #6523 (tavplubix)
  • CSVの解析に関する問題を修正 #6426 #6559 (tavplubix)
  • システム内の固定データレース。パーツテーブルとALTERクエリ。 この修正 #6245. #6513 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定の間違ったコードに変異のありメモリが破損す アドレスの読み取りで固定segfault 0x14c0 それは同時に起こった可能性があります DROP TABLESELECT から system.parts または system.parts_columns. 突然変異クエリの準備における競合状態を修正しました。 によるデッドロックを修正 OPTIMIZE 変更のようなレプリケートされたテーブルと同時変更操作の。 #6514 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定可能なデータ損失の後 ALTER DELETE クエリーテーブルとキース。 #6224 #6282 (ニキータ-ヴァシレフ)

セキュリティ修正 

  • 攻撃者がZooKeeperへの書き込みアクセス権を持ち、ClickHouseが実行されるネットワークから利用可能なカスタムサーバーを実行できる場合、ClickHouseのレプリカとして機能す きものレプリカまでデータを取得すから悪意のあるレプリカで力clickhouse-サーバへの書き込みを任意のパスにファイルシステム. Yandexの情報セキュリティチームEldar Zaitovによって発見されました。 #6247 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouseリリース19.13.2.19,2019-08-14 

新機能 

下位互換性のない変更 

  • 設定 input_format_defaults_for_omitted_fields 既定では有効です。 挿入学の領域において研究が行われてテーブルがこの設定は同じクラスター(設定する必要がありますので前に転じた。 この計算の複雑なデフォルト表現のための省略分野 JSONEachRowCSV* フォーマット。 この挙動があるが無視できる性能の差です。 #6043 (アルテム-ズイコフ), #5625 (akuzm)

実験的な特徴 

  • 新規クエリ処理パイプライン。 使用 experimental_use_processors=1 それを有効にするオプション。 あなた自身の悩みのための使用。 #4914 (ニコライ-コチェトフ)

バグ修正 

  • カフカの統合は、このバージョンで修正されました。
  • 固定 DoubleDelta のエンコード Int64 大きいのため DoubleDelta 値、改善 DoubleDelta ランダムデータのエンコード Int32. #5998 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • の固定過大評価 max_rows_to_read 設定の場合 merge_tree_uniform_read_distribution 0に設定されます。 #6019 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

改善 

  • 例外をスローする場合 config.d fileには、設定ファイルとして対応するルート要素がありません #6123 (dimarub2000)

性能向上 

  • 最適化 count(). これで、最小の列が使用されます(可能であれば)。 #6028 (アモス鳥)

造り/テスト/包装の改善 

ClickHouseリリース19.11 

ClickHouseリリース19.11.13.74,2019-11-01 

バグ修正 

  • で固定レアクラッシュ ALTER MODIFY COLUMN マージ/変更された部分のいずれかが空の場合(0行)に垂直マージします。 #6780 (アレサピン)
  • の手動update SIMDJSON. これにより、偽のjson診断メッセージでstderrファイルが氾濫する可能性が修正されます。 #7548 (Alexander Kazakov)
  • とのバグを修正 mrk mutationsのファイル拡張子 (アレサピン)

ClickHouse Release19.11.12.69,2019-10-02 

バグ修正 

ClickHouse Release19.11.11.57,2019-09-13 

  • カフカ空のトピックから選択するとsegfaultsの原因となる論理エラーを修正しました。 #6902 #6909 (イワン)
  • 機能のための苦境 АrrayEnumerateUniqRanked paramsに空の配列があります。 #6928 (プロラー)

ClickHouse Release19.11.10.54,2019-09-10 

バグ修正 

  • い店舗-オフセットカフカメッセージを手動できることを確約できることすべてを一度にすべての仕切り. 潜在的な重複を修正 “one consumer - many partitions” シナリオ #6872 (イワン)

ClickHouse Release19.11.9.52,2019-09-6 

セキュリティ修正 

  • 攻撃者がZooKeeperへの書き込みアクセス権を持ち、ClickHouseが実行されているネットワークから利用可能なカスタムサーバーを実行できる場合、ClickHouseのレプリカとして機能 きものレプリカまでデータを取得すから悪意のあるレプリカで力clickhouse-サーバへの書き込みを任意のパスにファイルシステム. Yandexの情報セキュリティチームEldar Zaitovによって発見されました。 #6247 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouse Release19.11.8.46,2019-08-22 

バグ修正 

  • 修正 ALTER TABLE ... UPDATE テーブルのクエリ enable_mixed_granularity_parts=1. #6543 (アレサピン)
  • タプルを持つサブクエリでin句を使用するときにnpeを修正しました。 #6125 #6550 (tavplubix)
  • 古いレプリカがアライブ状態になっても、DROP PARTITIONによって削除されたデータパーツが残っている可能性がある問題を修正しました。 #6522 #6523 (tavplubix)
  • CSVの解析に関する問題を修正 #6426 #6559 (tavplubix)
  • システム内の固定データレース。パーツテーブルとALTERクエリ。 この修正 #6245. #6513 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定の間違ったコードに変異のありメモリが破損す アドレスの読み取りで固定segfault 0x14c0 それは同時に起こった可能性があります DROP TABLESELECT から system.parts または system.parts_columns. 突然変異クエリの準備における競合状態を修正しました。 によるデッドロックを修正 OPTIMIZE 変更のようなレプリケートされたテーブルと同時変更操作の。 #6514 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouse Release19.11.7.40,2019-08-14 

バグ修正 

改善 

ClickHouse Release19.11.5.28,2019-08-05 

バグ修正 

下位互換性のない変更 

  • Kafka まだ壊れてる

ClickHouse Release19.11.4.24,2019-08-01 

バグ修正 

  • 適応粒度で二次インデックスマークを書くとバグを修正しました。 #6126 (アレサピン)
  • 修正 WITH ROLLUPWITH CUBE の修飾子 GROUP BY 二レベルの集計を使って。 #6225 (アントン-ポポフ)
  • 固定ハングイン JSONExtractRaw 機能。 固定 #6195 #6198 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ExternalLoader::reloadOutdated()でsegfaultを修正しました。 #6082 (ヴィタリー-バラノフ)
  • 固定の場合はサーバが切れることがあり聞くソケットがセットのリスクマネジメントの継続け残ります。 ツつサツつ、ツつ"ツつ、ツつアツづツづツつキツ。 サーバーがエラーを返すことがあります bad_function_call 残りのクエリの場合。 #6231 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ODBC、MySQL、ClickHouseおよびHTTP経由で外部辞書の初期読み込みのための更新フィールドに役に立たないと間違った条件を修正しました。 この修正 #6069 #6083 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • キャストの無関係な例外を修正しました LowCardinality(Nullable) to not-Nullable column in case if it doesn't contain Nulls (e.g. in query like SELECT CAST(CAST('Hello' AS LowCardinality(Nullable(String))) AS String). #6094 #6119 (ニコライ-コチェトフ)
  • の非決定的な結果を修正 “uniq” 極端なまれなケースでの集計関数。 このバグはすべてのClickHouseバージョンに存在しました。 #6058 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 私たちは関数に少し高すぎるcidrを設定するとSegfault IPv6CIDRToRange. #6068 (ギヨーム-タッセリー)
  • 固定小さなメモリリークがサーバに捨てる多くの例外から多くの異なるコンテキストを共有します。 #6144 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定の状態で消費者も一時停止前の契約とな再開します。 #6075 (イワン 注このカフカを砕このバージョン。
  • エラーで完了した前回の読み取り操作からKafkaデータバッファをクリアする #6026 (ニコライ 注このカフカを砕このバージョン。
  • 以来 StorageMergeTree::background_task_handle で初期化される。 startup() その MergeTreeBlockOutputStream::write() 初期化の前に使用しようとする可能性があります。 すぐチェックインの場合は初期化されます。 #6080 (イワン)

造り/テスト/包装の改善 

下位互換性のない変更 

  • Kafka このバージョンでは壊れている。

ClickHouse Release19.11.3.11,2019-07-18 

新機能 

バグ修正 

  • 非同期updateでDNSキャッシュを実装します。 個別のスレッドで解決すべてのホストを更新DNSキャッシュが期間(設定 dns_cache_update_period). ホストのipが頻繁に変化するときに役立ちます。 #5857 (アントン-ポポフ)
  • でsegfaultを修正 Delta 32ビットサイズ未満の値を持つ列に影響を与えるコーデック。 バグを修正ledランダムメモリが破損す #5786 (アレサピン)
  • TTLマージでsegfaultを修正ブロック内の非物理列と。 #5819 (アントン-ポポフ)
  • パーツのチェックで珍しいバグを修正 LowCardinality 列。 以前は checkDataPart 常に失敗します LowCardinality 列。 #5832 (アレサピン)
  • 回避掛けに接続した場合、サーバスレッドプールを行います。 それはからの接続にとって重要です remote 長い接続タイムアウトがある場合、レプリカのないシャードへの表関数または接続。 この修正 #5878 #5881 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 定数引数のサポート evalMLModel 機能。 この修正 #5817 #5820 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ClickHouseがデフォルトのタイムゾーンを UCT 代わりに UTC. この修正 #5804. #5828 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定バッファアンダーフロー visitParamExtractRaw. この修正 #5901 #5902 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 現在配布中 DROP/ALTER/TRUNCATE/OPTIMIZE ON CLUSTER クエリはリーダーレプリカで直接実行されます。 #5757 (アレサピン)
  • 修正 coalesce のために ColumnConstColumnNullable +関連する変更。 #5755 (アルテム-ズイコフ)
  • を修正 ReadBufferFromKafkaConsumer 新しいメッセージを読み続けるように commit() 前に失速したとしても #5852 (イワン)
  • 修正 FULLRIGHT 参加時の結果参加 Nullable 右のテーブルのキー。 #5859 (アルテム-ズイコフ)
  • 優先度の低いクエリの無限のスリープの可能性のある修正。 #5842 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • いくつかのクエリがquery_logに表示されない原因となる競合状態を修正しました SYSTEM FLUSH LOGS クエリ。 #5456 #5685 (アントン-ポポフ)
  • 固定 heap-use-after-free 既に削除された複写機オブジェクトを使用しようとする時計によって引き起こされるClusterCopierのASan警告。 #5871 (ニコライ-コチェトフ)
  • 間違って修正 StringRef 一部の実装によって返されるポインタ IColumn::deserializeAndInsertFromArena. このバグは単体テストのみに影響しました。 #5973 (ニコライ-コチェトフ)
  • 同じ名前の列をマスクするソースおよび中間配列結合列を防止します。 #5941 (アルテム-ズイコフ)
  • Mysqlスタイルの識別子を引用してMySQLエンジンにクエリを挿入し、選択を修正しました。 #5704 (冬張)
  • さて CHECK TABLE クエリはMergeTreeエンジンファミリで動作できます。 を返しますチェック状態とメッセージの場合の各部分(またはファイルの場合simplierエンジン) また、壊れた部分のフェッチのバグを修正しました。 #5865 (アレサピン)
  • SPLIT_SHARED_LIBRARIESランタイムを修正 #5793 (ダニラ-クテニン)
  • 固定時のタイムゾーンの初期化 /etc/localtime のような相対的なシンボリックリンク ../usr/share/zoneinfo/Europe/Moscow #5922 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • clickhouse-複写機:シャットダウン時に無料で使用した後に修正 #5752 (プロラー)
  • 更新 simdjson. ゼロバイトのいくつかの無効なJSONsが正常に解析する問題を修正しました。 #5938 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • SystemLogsのシャットダウンを修正 #5802 (アントン-ポポフ)
  • Invalidate_queryの条件が辞書に依存する場合のハングを修正しました。 #6011 (ヴィタリー-バラノフ)

改善 

  • クラスター構成で解決不可能なアドレスを許可します。 これらは使用できないと見なされ、接続の試行ごとに解決が試みられます。 これはKubernetesにとって特に便利です。 この修正 #5714 #5924 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • アイドル状態のTCP接続を閉じます(既定では一時間のタイムアウト)。 これは、すべてのサーバーに複数の分散テーブルがある大規模なクラスターでは、すべてのサーバーが他のすべてのサーバーとの接続プールを保持でき、クエリの同時実 この修正 #5879 #5880 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • より良い品質の topK 機能。 新しい要素の重みが大きい場合、最後の要素を削除するようにSavingSpace setの動作を変更しました。 #5833 #5850 (ギヨーム-タッセリー)
  • URLの機能と作業領域は今では不完全なUrlなスキーム #5725 (アレサピン)
  • に追加されたチェックサム system.parts_columns テーブル。 #5874 (ニキータ-ミハイロフ)
  • 追加 Enum のためのsynonimとしてのデータ型 Enum8 または Enum16. #5886 (dimarub2000)
  • のための完全なビット転置の変形 T64 コーデック。 がより良い圧縮 zstd. #5742 (アルテム-ズイコフ)
  • 条件 startsWith 機能するまでに使用その有効なタイプを利用します。 この修正 #5310#5882 #5919 (dimarub2000)
  • 使用を許可する clickhouse-copier クロス-複製クラスタトポロジーを許可する空のデータベースの名前です。 #5745 (nvartolomei)
  • 使用 UTC システムのデフォルトのタイムゾーンとして tzdata (e.g. bare Docker container). Before this patch, error message Could not determine local time zone サーバーまたはクライアントが起動を拒否しました。 #5827 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 関数内の浮動小数点引数のサポートを返しました quantileTiming 下位互換性のため。 #5911 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • エラーメッセージに列がないテーブルを表示します。 #5768 (イワン)
  • さまざまなユーザーが同じquery_idでクエリを実行できない #5430 (プロラー)
  • より強固なコードの送信メトリクスをグラファイトを表してい それは長い倍数の間に働きます RENAME TABLE 作戦だ #5875 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • よりエラーメッセージが表示されますのでThreadPoolできない予定、タスクを実行します。 この修正 #5305 #5801 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • より直感的にngramsearchを反転する #5807 (ダニラ-クテニン)
  • HDFS engine builderでのユーザー解析の追加 #5946 (akonyaev90)
  • デフォルト値の更新 max_ast_elements parameter #5933 (アルテム-コノヴァロフ)
  • 廃止された設定の概念を追加しました。 廃止された設定 allow_experimental_low_cardinality_type 効果無しで使用することができます。 0f15c01c6802f7ce1a1494c12c846be8c98944cd アレクセイ-ミロヴィドフ

性能向上 

造り/テスト/包装の改善 

下位互換性のない変更 

  • Kafka このバージョンでは壊れている。
  • 有効にする adaptive_index_granularity =新しいのためのデフォルトで10MB MergeTree テーブル バージョン19.11+で新しいMergeTreeテーブルを作成した場合、19.6より前のバージョンへのダウングレードは不可能になります。 #5628 (アレサピン)
  • Yandexのによって使用された古い文書化されていない埋め込み辞書を削除しました。メトリカ 機能 OSIn, SEIn, OSToRoot, SEToRoot, OSHierarchy, SEHierarchy 利用できなくなりました。 ご利用の場合これらの機能は、メール[email protected]. 注:最後の瞬間にしてくれました。 #5780 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouseリリース19.10 

ClickHouseリリース19.10.1.5,2019-07-12 

新機能 

  • 新しい列コーデックの追加: T64. (U)IntX/EnumX/Data(Time)/DecimalX列用に作成されました。 これは、一定または小さな範囲の値を持つ列に適しているはずです。 コーデック自体は、再圧縮せずにデータ型を拡大または縮小できます。 #5557 (アルテム-ズイコフ)
  • データベースエンジ MySQL できる全てのテーブルをリモートMySQLサーバー #5599 (冬張)
  • bitmapContains 実装。 それはより速い2xです bitmapHasAny の場合、二つのビットマップ一要素となります。 #5535 (Zhichang Yu)
  • のサポート crc32 関数(MySQLやPHPと同じように動作します)。 ハッシュ関数が必要な場合は使用しないでください。 #5661 (レメン-イヴァン)
  • 実装 SYSTEM START/STOP DISTRIBUTED SENDS 非同期挿入を制御するクエリ Distributed テーブル #4935 (冬張)

バグ修正 

  • 無視するクエリの実行を制限およびmaxのパーツのサイズの合併に制限が実行中の突然変異. #5659 (アントン-ポポフ)
  • 通常のブロックの重複除外(非常にまれ)と重複ブロックの挿入(より頻繁に)につながる可能性のあるバグを修正しました。 #5549 (アレサピン)
  • 機能の修正 arrayEnumerateUniqRanked 空の配列を持つ引数の場合 #5559 (プロラー)
  • な購読カフカ題なく意思をポーリングメッセージ. #5698 (イワン)
  • 設定を行う join_use_nulls Nullable内に入ることができない型に対しては効果を得ない #5700 (Olga Khvostikova)
  • 固定 Incorrect size of index granularity エラー #5720 (コラクスター)
  • 小数点変換オーバーフローに浮動小数点を修正 #5607 (コラクスター)
  • フラッシュバッファ WriteBufferFromHDFSデストラクタと呼ばれる。 これは書き込みを修正する HDFS. #5684 (新東鵬)

改善 

性能向上 

  • MergeTree列の最後に最後のマークを書き込む可能性を追加します。 これを避ける無駄を読み込みのためのキーのテーブルデータです。 適応インデックスの粒度が使用されている場合にのみ有効になります。 #5624 (アレサピン)
  • 非常に遅いファイルシステムでのMergeTreeテーブルのパフォーマンスの向上 stat シスコール #5648 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定性能の劣化からの読み出しMergeTreeテーブルで導入されたバージョン19.6. 修正#5631. #5633 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

造り/テスト/包装の改善 

ClickHouseリリース19.9 

ClickHouseリリース19.9.3.31,2019-07-05 

バグ修正 

  • 32ビットサイズ未満の値を持つ列に影響を与えるデルタコーデックでsegfaultを修正しました。 バグを修正ledランダムメモリが破損す #5786 (アレサピン)
  • 低カーディナリティカラムでパーツをチェックする際のまれなバグを修正。 #5832 (アレサピン)
  • TTLマージでsegfaultを修正ブロック内の非物理列と。 #5819 (アントン-ポポフ)
  • 優先度の低いクエリの潜在的な無限のスリープを修正しました。 #5842 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ClickHouseがUTCではなくUCTとして既定のタイムゾーンを決定する方法を修正しました。 #5828 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • のを修正した。約の実行の分散DROP/ALTER/QUICK/最適化クラスターに関するお問い合わせフォロワレプリカの前にリーダーレプリカ. これで、リーダーレプリカで直接実行されます。 #5757 (アレサピン)
  • 固定レースの条件を回避することが可能となり、一部のクエリーのような画面が、表示されないでquery_logぐにシステムのフラッシュログを返します。 #5685 (アントン-ポポフ)
  • 追加の欠落支援のための定数の引数 evalMLModel 機能。 #5820 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouse Release19.9.2.4,2019-06-24 

新機能 

  • 冷凍部品に関する情報を印刷する system.parts テーブル。 #5471 (プロラー)
  • お客様のパスワードをclickhouse-クライアント開始tty名が設定されていない場合には引数 #5092 (プロラー)
  • 実装 dictGetdictGetOrDefault Decimal型の関数。 #5394 (アルテム-ズイコフ)

改善 

  • Debian init:サービス停止タイムアウトの追加 #5522 (プロラー)
  • 追加の設定により禁止されるデフォルトテーブルの作成と怪しいタイプLowCardinality #5448 (Olga Khvostikova)
  • 回帰機能を返却時の重量モデルとして用いられていない状態で機能 evalMLMethod. #5411 (Quid37)
  • 回帰方法の名前を変更し、改善します。 #5492 (Quid37)
  • 明のインタフェースを文字列が揃. #5586 (ダニラ-クテニン)

バグ修正 

  • カフカで潜在的なデータ損失を修正 #5445 (イワン)
  • で潜在的な無限ループを修正 PrettySpace 列がゼロで呼び出された場合の書式 #5560 (Olga Khvostikova)
  • 線形モデルの固定UInt32オーバーフローバグ。 非constモデル引数のeval MLモデルを許可します。 #5516 (ニコライ-コチェトフ)
  • ALTER TABLE ... DROP INDEX IF EXISTS ... なる例外を提供される場合指数が存在しない #5524 (グレブ-ノビコフ)
  • でsegfaultを修正 bitmapHasAny スカラーサブクエリで #5528 (Zhichang Yu)
  • 固定の場合にはエラー複製を接続プールなリトライを解決するホストでも、DNSキャッシュした。 #5534 (アレサピン)
  • 固定 ALTER ... MODIFY TTL 複製されたマージツリーです #5539 (アントン-ポポフ)
  • マテリアライズされた列で分散テーブルに挿入を修正 #5429 (Azat Khuzhin)
  • Fix悪allocが切り詰め加入の保管 #5437 (Tシーズン)
  • に最近のバージョンのパッケージtzdata一部のファイルsymlinksます。 現在の仕組みを検出するデフォルトのタイムゾーンの故障が考えられ、間違った名前に一部のタイムゾーン. これで、少なくともタイムゾーン名を指定した場合は、TZの内容に強制します。 #5443 (イワン)
  • 合計で一定の針が少なくとも16KBの長さである場合、MultiVolnitskyサーチャーでいくつかの非常にまれなケースを修正します。 このアルゴリズムは、以前の結果を見逃したり上書きしたりすることがあります。 multiSearchAny. #5588 (ダニラ-クテニン)
  • ExternalData要求の設定でClickHouse設定を使用できなかった場合の問題を修正しました。 また、今のところ、設定 date_time_input_formatlow_cardinality_allow_in_native_format 名前のあいまいさのために使用することはできません(外部データではテーブル形式として解釈でき、クエリでは設定にすることができます)。 #5455 (ダニラ-クテニン)
  • パーツがZOOKEEPERから落とさずにFSからのみ取り除かれたバグを修正しました。 #5520 (アレサピン)
  • MySQLプロトコルか #5478 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • DDLクエリ処理中にZNONODEをスキップ #5489 (Azat Khuzhin)
  • ミックスを修正 UNION ALL 結果列タイプ。 があった場合に矛盾したデータとカラムの種類によ列あります。 #5503 (アルテム-ズイコフ)
  • 間違った整数に対して例外をスローする dictGetT クラッシュの代わりに関数。 #5446 (アルテム-ズイコフ)
  • ハッシュ化されたディクショナリのelement_countとload_factorが間違っているのを修正 system.dictionaries テーブル。 #5440 (Azat Khuzhin)

造り/テスト/包装の改善 

ClickHouseリリース19.8 

ClickHouse Release19.8.3.8,2019-06-11 

新しい機能 

  • JSONで動作する関数を追加しました #4686 (hcz) #5124. (ヴィタリー-バラノフ)
  • 多くの言語に存在するbasename関数と同様の動作を持つ関数basenameを追加します (os.path.basename pythonでは, basename in PHP, etc…). Work with both an UNIX-like path or a Windows path. #5136 (ギヨーム-タッセリー)
  • 追加 LIMIT n, m BY または LIMIT m OFFSET n BY LIMIT BY句にnのオフセットを設定する構文。 #5138 (アントン-ポポフ)
  • 新しいデータ型を追加 SimpleAggregateFunction これにより、軽い集計を持つ列を AggregatingMergeTree. これは、次のような単純な関数でのみ使用できます any, anyLast, sum, min, max. #4629 (ボリス-グランヴォー)
  • 関数内の非定数引数のサポートが追加されました ngramDistance #5198 (ダニラ-クテニン)
  • 追加された機能 skewPop, skewSamp, kurtPopkurtSamp シーケンスの歪度、サンプルの歪度、尖度、およびサンプルの尖度をそれぞれ計算します。 #5200 (hcz)
  • サポートの名前変更の操作 MaterializeView ストレージ。 #5209 (ギヨーム-タッセリー)
  • MySQL clientを使用してClickHouseに接続できるサーバーを追加しました。 #4715 (ユーリー-バラノフ)
  • 追加 toDecimal*OrZerotoDecimal*OrNull 機能。 #5291 (アルテム-ズイコフ)
  • 関数の小数点型のサポート: quantile, quantiles, median, quantileExactWeighted, quantilesExactWeighted,medianExactWeighted. #5304 (アルテム-ズイコフ)
  • 追加 toValidUTF8 function, which replaces all invalid UTF-8 characters by replacement character � (U+FFFD). #5322 (ダニラ-クテニン)
  • 追加 format 機能。 引数にリストされた文字列で定数パターン(簡略化されたPython形式パターン)を書式設定します。 #5330 (ダニラ-クテニン)
  • 追加 system.detached_parts の分離された部分に関する情報を含む表 MergeTree テーブル #5353 (akuzm)
  • 追加 ngramSearch 針と干し草の山の非対称差を計算する関数。 #5418#5422 (ダニラ-クテニン)
  • 集計関数インタフェースを用いた基本的な機械学習法(確率的線形回帰とロジスティック回帰)の実装。 モデルの重みを更新するための異なる戦略(単純勾配降下法、運動量の方法、ネステロフ法)を持っています。 にも対応-ミニバッチのカスタムサイズです。 #4943 (Quid37)
  • の実装 geohashEncodegeohashDecode 機能。 #5003 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • 集計関数を追加 timeSeriesGroupSum る累積の異なる時系列のサンプルのタイムスタンプなアライメントを実施します。 これは、二つのサンプルタイムスタンプ間の線形補間を使用して、一緒に時系列を合計します。 集計関数を追加 timeSeriesGroupRateSum、時系列のレートを計算し、その後、一緒にレートを合計します。 #4542 (ヤンクアン-リュウ)
  • 追加された機能 IPv4CIDRtoIPv4RangeIPv6CIDRtoIPv6Range CIDRを使用して、サブネット内のIPの下限と上限を計算します。 #5095 (ギヨーム-タッセリー)
  • 有効な設定でHTTPを使用してクエリを送信するときに、X-ClickHouse-Summaryヘッダーを追加します send_progress_in_http_headers. X-ClickHouse-Progressの通常の情報と、クエリに挿入された行数やバイト数などの追加情報を返します。 #5116 (ギヨーム-タッセリー)

改善 

  • 追加 max_parts_in_total パーティションキー#5166の安全でない指定を防ぐMergeTreeファミリのテーブル(デフォルト:100 000)の設定。 #5171 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • clickhouse-obfuscator:初期シードと列の位置ではなく列名を組み合わせて、個々の列のシードを導出します。 ことを目的として変換するデータセットに複数の関連するテーブル、テーブルはJOINableに設定します。 #5178 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 追加された機能 JSONExtractRaw, JSONExtractKeyAndValues. 名前変更された関数 jsonExtract<type>JSONExtract<type>. 何かがうまくいかないとき、これらの関数は対応する値を返します。 NULL. 変更された関数 JSONExtract これで、最後のパラメータから戻り値の型を取得し、nullablesを注入しません。 AVX2命令が利用できない場合にRapidJSONへのフォールバックを実装しました。 Simdjsonライブラリを新しいバージョンに更新しました。 #5235 (ヴィタリー-バラノフ)
  • さて ifmultiIf 関数は条件に依存しません Nullable しかし、sqlの互換性のためにブランチに依存しています。 #5238 (ジャン-ウー)
  • In 述語が生成されます Null 結果から Null のような入力 Equal 機能。 #5152 (ジャン-ウー)
  • カフカからの行数(flush_interval/poll_timeout)ごとに制限時間をチェックします。 これにより、カフカの消費者からの読み取りをより頻繁に中断し、トップレベルのストリームの時間制限を確認することができます #5249 (イワン)
  • バンドルされたSASLとrdkafkaをリンク. SASLスクラム認証の使用を許可する必要があります #5253 (イワン)
  • すべての結合のRowRefListのバッチバージョン。 #5267 (アルテム-ズイコフ)
  • clickhouse-server:より有益なlistenエラーメッセージ。 #5268 (プロラー)
  • 機能のためのclickhouse-copierのサポート辞書 <sharding_key> #5270 (プロラー)
  • 新しい設定を追加 kafka_commit_every_batch カフカコミット政策を規制する。
    メッセージのすべてのバッチが処理された後、またはブロック全体がストレージに書き込まれた後です。 このトレードオフの関係を失うメッセージやみ表示することを目的としていま倍もいる。 #5308 (イワン)
  • 作る windowFunnel 他の符号なし整数型をサポートする。 #5320 (スンディリ)
  • 仮想列のシャドウを許可する _table マージエンジンで。 #5325 (イワン)
  • 作る sequenceMatch 集計機能の支援その他の符号なし整数型 #5339 (スンディリ)
  • より良いエラーメッセージの場合はチェックサムミスマッチは一によるものと考えられるハードウェアです。 #5355 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • チェックすると配下のテーブル支援のためのサンプリング StorageMerge #5366 (イワン)
  • Сlose MySQL connections after their usage in external dictionaries. It is related to issue #893. #5395 (Clément Rodriguez)
  • MySQLワイヤプロトコルの改善。 形式の名前をMySQLWireに変更しました。 RAIIを使ってRSA_freeを呼び出す。 コンテキ #5419 (ユーリー-バラノフ)
  • clickhouse-client: allow to run with unaccessable history file (read-only, no disk space, file is directory, …). #5431 (プロラー)
  • 分散テーブルへの非同期挿入のクエリ設定を尊重します。 #4936 (Tシーズン)
  • 名前変更された関数 leastSqrsimpleLinearRegression, LinearRegressionlinearRegression, LogisticRegressionlogisticRegression. #5391 (ニコライ-コチェトフ)

性能の向上 

バグ修正 

  • 結合でプッシュが必要な列を修正 #5192 (冬張)
  • ClickHouseがsystemdによって実行されているときに、コマンドを修正しました sudo service clickhouse-server forcerestart 期待通りに動作していませんでした。 #5204 (プロラー)
  • DataPartsExchangeのhttpエラーコードを修正しました(9009ポートのinterserver httpサーバーは常にエラーであってもコード200を返しました)。 #5216 (プロラー)
  • MAX_SMALL_STRING_SIZEより長い文字列のSimpleAggregateFunctionを修正 #5311 (Azat Khuzhin)
  • エラーを修正 DecimalNullable(Decimal) inでの変換。 (異なるスケールを含む)小数点変換への他の小数をサポート。 #5350 (アルテム-ズイコフ)
  • 誤った計算につながるsimdjsonライブラリ内の固定FPU clobbering uniqHLLuniqCombined 集計関数と数学関数のような log. #5354 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • JSON関数でのconst/nonconstの混合ケースの処理を修正しました。 #5435 (ヴィタリー-バラノフ)
  • 修正 retention 機能。 これで、データ行で満たすすべての条件がデータ状態に追加されます。 #5119 (小路)
  • 結果の種類を修正 quantileExact 小数で。 #5304 (アルテム-ズイコフ)

文書 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

ClickHouseリリース19.7 

ClickHouseリリース19.7.5.29,2019-07-05 

バグ修正 

  • 固定能の回帰一部のクエリを処理するクラウドの場合。 #5192 (冬張)

ClickHouseリリース19.7.5.27,2019-06-09 

新しい機能 

  • ビットマップ関連の機能を追加 bitmapHasAnybitmapHasAll 類似する hasAnyhasAll 配列の関数。 #5279 (セルジ-ウラジキン)

バグ修正 

  • Segfaultをオンに修正 minmax Null値のインデックス。 #5246 (ニキータ-ヴァシレフ)
  • すべての入力列を必要な出力に応じてLIMITにマークします。 それは修正します ‘Not found column’ 一部の分散クエリでエラー。 #5407 (コンスタンティン-S-パン)
  • 修正 “Column ‘0’ already exists” エラー SELECT .. PREWHERE デフォルトの列 #5397 (プロラー)
  • 修正 ALTER MODIFY TTL クエリオン ReplicatedMergeTree. #5539 (アントン-ポポフ)
  • なクラッシュサーバの場合カフカの消費者が開始されます。 #5285 (イワン)
  • 固定ビットマップ機能を誤った結果です。 #5359 (アンディ-ヤン)
  • ハッシュ化された辞書のelement_countを修正(重複を含まない) #5440 (Azat Khuzhin)
  • 環境変数TZの内容をタイムゾーンの名前として使用します。 すでに正しく検出デフォルトのタイムゾーンもあります。#5443 (イワン)
  • 整数を変換しようとしないでください dictGetT それは正しく動作しないため、機能します。 代わりに例外をスローします。 #5446 (アルテム-ズイコフ)
  • ExternalData HTTP要求の設定を修正しました。 #5455 (ダニラ
    クテニン
    )
  • パーツがZOOKEEPERから落とさずにFSからのみ取り除かれたバグを修正しました。 #5520 (アレサピン)
  • 固定の区分断層に bitmapHasAny 機能。 #5528 (Zhichang Yu)
  • 固定の場合にはエラー複製を接続プールなリトライを解決するホストでも、DNSキャッシュした。 #5534 (アレサピン)
  • 固定 DROP INDEX IF EXISTS クエリ。 さて ALTER TABLE ... DROP INDEX IF EXISTS ... 指定されたインデックスが存在しない場合、queryは例外を発生させません。 #5524 (グレブ-ノビコフ)
  • 修正unionすべてのスーパータイプ列。 があった場合に矛盾したデータとカラムの種類によ列あります。 #5503 (アルテム-ズイコフ)
  • DDLクエリ処理中にZNONODEをスキップします。 前に別のノードがタスクキュー内のznodeを削除すると、
    それを処理しませんでしたが、すでに子のリストを取得し、DDLWorkerスレッドを終了します。 #5489 (Azat Khuzhin)
  • 固定挿入配布()テーブルを実現します。 #5429 (Azat Khuzhin)

ClickHouse Release19.7.3.9,2019-05-30 

新しい機能 

  • ユーザーが指定できる設定の範囲を制限することができます。
    これらの制約は、ユーザー設定プロファイルで設定できます。
    #4931 (ヴィタリ
    バラノフ
    )
  • 関数の第二のバージョンを追加します groupUniqArray 任意を使って
    max_size 結果の配列のサイズを制限するパラメーター。 この
    動作は次のようになります groupArray(max_size)(x) 機能。
    #5026 (ギヨーム
    タッサリー
    )
  • TSVWithNames/CSVWithNames入力ファイル形式の場合、列の順序は次のようになります
    ファイ これはによって制御される
    input_format_with_names_use_header パラメータ。
    #5081
    (Alexander)

バグ修正 

  • マージ中にuncompressed_cache+JOINでクラッシュする(#5197)
    #5133 (ダニラ
    クテニン
    )
  • システムテーブルへのclickhouse-clientクエリのセグメンテーション障害。 #5066
    #5127
    (イワン)
  • KafkaEngineによる重負荷時のデータ損失(#4736)
    #5080
    (イワン)
  • UNION ALLを使用してクエリを実行するときに発生する可能性のある非常にまれなデータ競合状態を修正しました。列,システム.テーブル、システム。部品、システム。parts_tablesまたはマージファミリのテーブルと、関連するテーブルの列の変更を同時に実行します。 #5189 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

性能の向上 

文書 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

ClickHouseリリース19.6 

ClickHouse Release19.6.3.18,2019-06-13 

バグ修正 

  • テーブル関数からのクエリの条件プッシュダウンで修正 mysqlodbc と対応するテーブルエンジン。 これは#3540と#2384を修正します。 #5313 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • Zookeeperのデッドロックを修正しました。 #5297 (ギスブ1世)
  • CSVで引用符で囲まれた小数を許可します。 #5284 (アルテム-ズイコフ
  • Float Inf/NaNから小数への変換を禁止します(例外をスローします)。 #5282 (アルテム-ズイコフ)
  • 名前変更クエリのデータ競合を修正しました。 #5247 (冬張)
  • LFAllocを一時的に無効にします。 LFAllocを使用すると、UncompressedCacheを割り当てる際に多くのMAP_FAILEDが発生し、結果として負荷の高いサーバーでのクエリのクラッシュにつながる可能性があります。 cfdba93(ダニラ-クテニン)

ClickHouse Release19.6.2.11,2019-05-13 

新しい機能 

  • 列および表のTTL式。 #4212 (アントン-ポポフ)
  • 追加されたサポート brotli HTTPレスポンスの圧縮(Accept-Encoding:br) #4388 (ミハイル)
  • 新しい機能を追加 isValidUTF8 確認を行うための設定のバイトが正常にutf-8エンコードされます。 #4934 (ダニラ-クテニン)
  • 新しい負荷分散ポリシーの追加 first_or_random 送信されるクエリを最初に指定されたホストの場合は利用できな送信をクエリーダ主催のチャームのボー. クロスレプリケーショントポロジ設定に便利です。 #5012 (nvartolomei)

実験的な特徴 

  • 設定を追加 index_granularity_bytes MergeTree*テーブルファミリの(適応インデックス粒度)。 #4826 (アレサピン)

改善 

  • 関数の非定数引数と負のサイズと長さの引数のサポートが追加されました substringUTF8. #4989 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 左結合の右表へのプッシュダウン、右結合の左表へのプッシュダウン、および完全結合の両方の表を無効にします。 これにより、誤った結合結果が修正されます。 #4846 (イワン)
  • clickhouse-copier:からの自動アップロードタスク設定 --task-file オプション #4876 (プロラー)
  • 追加の誤字ハンドラに保存工場とテーブル機能の工場です。 #4891 (ダニラ-クテニン)
  • サブクエリなしで複数の結合のためのアスタリスクと修飾アスタリスクをサポート #4898 (アルテム-ズイコフ)
  • く不カラムのエラーメッセージよりユーザーにも優しい。 #4915 (アルテム-ズイコフ)

性能の向上 

下位互換性のない変更 

  • HTTPヘッダ Query-Id に改名されました X-ClickHouse-Query-Id 一貫性のために。 #4972 (ミハイル)

バグ修正 

  • 固定された潜在的なヌルポインタの逆参照 clickhouse-copier. #4900 (プロラー)
  • 結合+配列結合でクエリのエラーを修正しました #4938 (アルテム-ズイコフ)
  • 固定掛けの開始にサーバーが辞書により他の辞書を介してデータベースエンジン=辞書で調べました。 #4962 (ヴィタリー-バラノフ)
  • Partially fix distributed_product_mode = local. It's possible to allow columns of local tables in where/having/order by/… via table aliases. Throw exception if table does not have alias. There's not possible to access to the columns without table aliases yet. #4986 (アルテム-ズイコフ)
  • 潜在的に間違った結果を修正 SELECT DISTINCTJOIN #5001 (アルテム-ズイコフ)
  • UNION ALLを使用してクエリを実行するときに発生する可能性のある非常にまれなデータ競合状態を修正しました。列,システム.テーブル、システム。部品、システム。parts_tablesまたはマージファミリのテーブルと、関連するテーブルの列の変更を同時に実行します。 #5189 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ビルド/テスト/パッケージの改善 

  • 別のホストでclickhouse-serverを実行しているときのテストエラーを修正 #4713 (ヴァシーリー-ネムコフ)
  • clickhouse-test:非tty環境でカラーコントロールシーケンスを無効にします。 #4937 (アレサピン)
  • clickhouse-test:任意のテストデータベースの使用を許可(削除 test. それが可能な資格) #5008 (プロラー)
  • Ubsanのエラーを修正 #5037 (ヴィタリー-バラノフ)
  • Yandex LFAllocがClickHouseに追加され、markcacheとUncompressedCacheのデータをさまざまな方法で割り当て、segfaultsをより信頼性の高いものにすることができました #4995 (ダニラ-クテニン)
  • バックポートとチェンジログを支援するPython util。 #4949 (イワン)

ClickHouseリリース19.5 

ClickHouse Release19.5.4.22,2019-05-13 

バグ修正 

  • ビットマップ*関数でのクラッシュを修正 #5220 #5228 (アンディ-ヤン)
  • UNION ALLを使用してクエリを実行するときに発生する可能性のある非常にまれなデータ競合状態を修正しました。列,システム.テーブル、システム。部品、システム。parts_tablesまたはマージファミリのテーブルと、関連するテーブルの列の変更を同時に実行します。 #5189 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 修正されたエラー Set for IN is not created yet in case of using single LowCardinality column in the left part of IN. このエラーは、LowCardinality列が主キーの一部である場合に発生しました。 #5031 #5154 (ニコライ-コチェトフ)
  • 保持関数の変更:行が最初の条件とN番目の条件の両方を満たす場合、最初に満たされた条件のみがデータ状態に追加されます。 これで、データ行で満たすすべての条件がデータ状態に追加されます。 #5119 (小路)

ClickHouse Release19.5.3.8,2019-04-18 

バグ修正 

ClickHouse Release19.5.2.6,2019-04-15 

新しい機能 

改善 

バグ修正 

下位互換性のない変更 

  • 名前変更の設定 insert_sample_with_metadata 設定へ input_format_defaults_for_omitted_fields. #4771 (アルテム-ズイコフ)
  • 設定を追加 max_partitions_per_insert_block (デフォルトでは値100)。 場合に挿入したブロックを含むより多くのパーティション例外がスローされます。 制限を削除する場合は、0に設定します(推奨しません)。 #4845 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 複数検索機能の名前が変更されました (multiPositionmultiSearchAllPositions, multiSearchmultiSearchAny, firstMatchmultiSearchFirstIndex). #4780 (ダニラ-クテニン)

性能向上 

  • 多くの針または多くの類似bigramsとのクエリのための約5-10%の検索改善を与え、インラインによってVolnitsky検索を最適化します。 #4862 (ダニラ-クテニン)
  • 設定時のパフォーマンス問題を修正 use_uncompressed_cache がゼロより大き登場したときのすべてのデータに含まれる。 #4913 (アレサピン)

造り/テスト/包装の改善 

  • デバッグビルドの強化:より詳細なメモリマッピングとASLR。 これによりメモリの揃い踏みのバグの場合には豆やMSanできます。 #4632 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • Cmake変数のサポートの追加 ENABLE_PROTOBUF, ENABLE_PARQUETENABLE_BROTLI これにより、上記の機能を有効/無効にすることができます(librdkafka、mysqlなどの場合と同じです)。 #4669 (シルヴィウ-カラゲア)
  • 追加ダイレクトに刷版を出力するプロセス一覧表示およびstacktracesのすべてのスレッドの場合一部のクエリで吊るされているだけなので後の試験です。 #4675 (アレサピン)
  • 再試行の追加 Connection loss エラー clickhouse-test. #4682 (アレサピン)
  • Freebsd build with vagrantをパッケージャスクリプトに追加し、スレッドサニタイザでビルドします。 #4712 #4748 (アレサピン)
  • 現在ユーザーのためのパスワードユーザー 'default' 取付けの間。 #4725 (プロラー)
  • 警告を抑制する rdkafka 図書館 #4740 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • Sslなしでビルドできるようにする。 #4750 (プロラー)
  • カスタムユーザーからclickhouse-serverイメージを起動する方法を追加します。 #4753 (Mikhail f. Shiryaev)
  • Contrib boostを1.69にアップグレードします。 #4793 (プロラー)
  • 使用を無効にする mremap きめにスレッドに指消毒剤. 驚いたことに、TSanは傍受しません mremap (それは傍受しますが mmap, munmap)それは偽陽性につながる。 ステートフルテストでのTSanレポートの修正 #4859 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 追加試験にチェックを使用形式スキーマによHTTPインターフェース。 #4864 (ヴィタリー-バラノフ)

ClickHouseリリース19.4 

ClickHouseリリース19.4.4.33,2019-04-17 

バグ修正 

改善 

ClickHouseリリース19.4.3.11,2019-04-02 

バグ修正 

造り/テスト/包装の改善 

  • カスタムユーザーからclickhouse-serverイメージを起動する方法を追加します。 #4753 (Mikhail f. Shiryaev)

ClickHouseリリース19.4.2.7,2019-03-30 

バグ修正 

  • からの固定読み取り Array(LowCardinality) 列に空の配列の長いシーケンスが含まれている場合はまれです。 #4850 (ニコライ-コチェトフ)

ClickHouse Release19.4.1.3,2019-03-19 

バグ修正 

  • 両方を含む固定リモートクエリ LIMIT BYLIMIT. 以前は、 LIMIT BYLIMIT リモートクエリに使用された, LIMIT 前に起こる可能性が LIMIT BY、あまりにもろ過結果につながった。 #4708 (コンスタンティン-S-パン)

ClickHouseリリース19.4.0.49,2019-03-09 

新しい機能 

バグ修正 

  • このリリースには、19.3と19.1のすべてのバグ修正も含まれています。
  • インデックスをスキップするデータのバグを修正しました。 #4407 (ニキータ-ヴァシレフ)
  • 固定 set インデックス NullableLowCardinality 列。 その前に, set インデックス Nullable または LowCardinality 列がエラーにつながった Data type must be deserialized with multiple streams 選択中。 #4594 (ニコライ-コチェトフ)
  • 完全にupdate_timeを正しく設定 executable 辞書の更新。 #4551 (テマ-ノヴィコフ)
  • 19.3で壊れたプログレスバーを修正。 #4627 (フィリモノフ)
  • 特定のケースでは、メモリ領域が縮小されたときにMemoryTrackerの矛盾した値を修正しました。 #4619 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ThreadPoolの未定義の動作を修正しました。 #4612 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • メッセージで非常にまれなクラッシュを修正 mutex lock failed: Invalid argument これは、MergeTreeテーブルがSELECTと同時に削除された場合に発生する可能性があります。 #4608 (アレックス-ザテレピン)
  • ODBCドライバとの互換性 LowCardinality データ型。 #4381 (プロラー)
  • FreeBSD:フィックスアップ AIOcontextPool: Found io_event with unknown id 0 エラー #4438 (ウルゴルドビーフ)
  • system.part_log 設定に関係なくテーブルが作成されました。 #4483 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 未定義の動作を修正 dictIsIn キャッシュ辞書の機能。 #4515 (アレサピン)
  • Fixed a deadlock when a SELECT query locks the same table multiple times (e.g. from different threads or when executing multiple subqueries) and there is a concurrent DDL query. #4535 (アレックス-ザテレピン)
  • デフォルトでcompile_expressionsを無効にします。 llvm contribはそれをとのテストし、 clangasan. #4579 (アレサピン)
  • 防ぐ std::terminate とき invalidate_query のために clickhouse 外部ディクショナリソースから誤った結果セット(空または複数の行または複数の列)が返されました。 問題を修正しました。 invalidate_query に関係なく、五秒ごとに行われました lifetime. #4583 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • デッドロックを避けなさい時 invalidate_query 辞書の場合 clickhouse ソースが関与していた system.dictionaries テーブルまたは Dictionaries データベース(まれなケース)。 #4599 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 空の場所でクロス結合の修正。 #4598 (アルテム-ズイコフ)
  • 関数内の固定segfault “replicate” 定数引数が渡されたとき。 #4603 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 述語オプティマイザでラムダ関数を修正。 #4408 (冬張)
  • 複数の結合複数の修正。 #4595 (アルテム-ズイコフ)

改善 

  • 右のテーブルの列のセクションの結合のサポートエイリアス。 #4412 (アルテム-ズイコフ)
  • 複数の結合の結果は、サブセレクトで使用する正しい結果名が必要です。 平置き換えエイリアスとソース名ます。 #4474 (アルテム-ズイコフ)
  • 改善プッシュダウンの論理のために参加します。 #4387 (イワン)

性能の向上 

造り/テスト/包装の改善 

ClickHouseリリース19.3 

ClickHouseリリース19.3.9.1,2019-04-02 

バグ修正 

造り/テスト/包装の改善 

ClickHouse Release19.3.7,2019-03-12 

バグ修正 

  • #3920のエラーを修正しました。 このエラ Unknown codec family code, Cannot seek through file)とsegfaults。 このバグはバージョン19.1で最初に登場し、19.1.10および19.3.6までのバージョンに存在します。 #4623 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

ClickHouse Release19.3.6,2019-03-02 

バグ修正 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

  • AVXを有効にした固定ビルド。 #4527 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • コンパイルされているカーネルではなく、既知のバージョンに基づいて拡張会計とIO会計を有効にします。 #4541 (nvartolomei)
  • Core_dumpの設定をスキップできるようにする。size_limit、リミットセットが失敗した場合はスローの代わりに警告。 #4473 (プロラー)
  • 削除された inline のタグ void readBinary(...)Field.cpp. また、マージ冗長 namespace DB ブロック #4530 (hcz)

ClickHouse Release19.3.5,2019-02-21 

バグ修正 

ClickHouse Release19.3.4,2019-02-16 

改善 

  • テーブル-インデックスをさせていただく事があり占めのメモリの制限を行うと ATTACH TABLE クエリ。 デタッチ後にテーブルをアタッチできない可能性を回避しました。 #4396 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ZooKeeperから受け取った最大文字列と配列サイズの制限を少し上げました。 でも引き続き増加しのサイズ CLIENT_JVMFLAGS=-Djute.maxbuffer=... 飼育係に。 #4398 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • すると修理を断念レプリカでも既に膨大な数のノードがそのキューに挿入します #4399 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 必要な引数を一つ追加する SET インデックス(格納されている最大行数)。 #4386 (ニキータ-ヴァシレフ)

バグ修正 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

ClickHouse Release19.3.3,2019-02-13 

新しい機能 

実験的な特徴 

バグ修正 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

下位互換性のない変更 

  • 削除 allow_experimental_low_cardinality_type 設定。 LowCardinality データ型は運用準備が整いました。 #4323 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 削減マークのキャッシュされた、圧縮解除されたキャッシュサイズに従ってメインメニューを開きます。 #4240 (ロパチン-コンスタンチン
  • キーワードを追加 INDEXCREATE TABLE クエリ。 名前のある列 index バッククォートまたは二重引用符で囲む必要があります: `index`. #4143 (ニキータ-ヴァシレフ)
  • sumMap を推進する結果の型の代わりにオーバーフロー. 古い sumMap 動作は次のようにして取得できます sumMapWithOverflow 機能。 #4151 (Léo Ercolanelli)

性能の向上 

改善 

ClickHouseリリース19.1 

ClickHouse Release19.1.14,2019-03-14 

  • 修正されたエラー Column ... queried more than once これは、 asterisk_left_columns_only を使用する場合は1に設定されます GLOBAL JOINSELECT * (まれなケース)。 この問題は19.3以降には存在しません。 6bac7d8d (アルテム-ズイコフ)

ClickHouse Release19.1.13,2019-03-12 

このリリ

ClickHouseリリース19.1.10,2019-03-03 

このリリ

ClickHouseリリース19.1 

ClickHouse Release19.1.9,2019-02-21 

バグ修正 

ClickHouse Release19.1.8,2019-02-16 

バグ修正 

  • /Etc/clickhouse-server/configが欠落しているパッケージをインストールする修正。xml。 #4343 (プロラー)

ClickHouseリリース19.1 

ClickHouse Release19.1.7,2019-02-15 

バグ修正 

ClickHouse Release19.1.6,2019-01-24 

新しい機能 

実験的な特徴 

バグ修正 

  • 作る compiled_expression_cache_size 設定により限定のデフォルトの低メモリを消費する。 #4041 (アレサピン)
  • レプリケートされたテーブルの変更を実行するスレッドと、ZooKeeperから設定を更新するスレッドでハングアップするバグを修正しました。 #2947 #3891 #3934 (アレックス-ザテレピン)
  • 分散型変更タスクを実行するときの競合状態を修正しました。 競合状態により、複数のレプリカがタスクを実行しようとし、ZooKeeperエラーで失敗したものを除くすべてのレプリカが発生しました。 #3904 (アレックス-ザテレピン)
  • ときにバグを修正 from_zk zookeeperへの要求がタイムアウトした後、config要素が更新されませんでした。 #2947 #3947 (アレックス-ザテレピン)
  • 修正のバグが間違っているとの接頭辞IPv4サブネットマスクを商品化しました。 #3945 (アレサピン)
  • 固定クラッシュ (std::terminate)まれに、リソースの消耗により新しいスレッドが作成できない場合があります。 #3956 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • ときにバグを修正 remote inに対して間違った制限が使用された場合の表関数の実行 getStructureOfRemoteTable. #4009 (アレサピン)
  • Netlinkソケットの漏れを修正しました。 これらは削除されなかったプールに配置され、現在のすべてのソケットが使用されていたときに新しいスレッドの開始時に新しいソケットが作成 #4017 (アレックス-ザテレピン)
  • 閉じるとバグを修正 /proc/self/fd すべてのfdsが読み取られた前のディレクトリ /proc フォーク後 odbc-bridge サブプロセス #4120 (アレサピン)
  • 主キーの使用文字列の場合にuint単調変換に文字列を修正しました。 #3870 (冬張)
  • 整数変換関数の単調性の計算エラーを修正しました。 #3921 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • で固定segfault arrayEnumerateUniq, arrayEnumerateDense いくつかの無効な引数の場合の関数。 #3909 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • StorageMergeでubを修正しました。 #3910 (アモス鳥)
  • 関数内の固定segfault addDays, subtractDays. #3913 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • 固定エラー:関数 round, floor, trunc, ceil 整数引数と大きな負のスケールで実行すると、偽の結果を返す可能性があります。 #3914 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • によって誘発されるバグを修正 ‘kill query sync’ これはコアダンプにつながります。 #3916 (マブルディーペッカー)
  • 空の複製キューの後に長い遅延のバグを修正しました。 #3928 #3932 (アレサピン)
  • テーブルに挿入する場合の過剰なメモリ使用量を修正しました LowCardinality 主キー。 #3955 (コチェトヴニコライ)
  • 固定 LowCardinality のシリアル化 Native 空の配列の場合の書式。 #3907 #4011 (コチェトヴニコライ)
  • に修正結果が異なる単一LowCardinality数値カラムです。 #3895 #4012 (コチェトヴニコライ)
  • 低カーディナリティキーを持つ特殊化された集計を修正しました compile 設定が有効になっています)。 #3886 (コチェトヴニコライ)
  • 固定ユーザとパスワードを転送のための複製のテーブルのクエリ. #3957 (アレサピン) (小路)
  • 固定非常に珍しい競合状態とされるようにすることが一覧表の辞書データベースをリロードを生成する事ができます。 #3970 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • に修正が発生した場合の結果を使用したとROLLUPはュールをご用意しております。 #3756 #3837 (サム-チョウ)
  • クエリの列エイリアスを修正しました。 JOIN ON 構文と分散テーブル。 #3980 (冬張)
  • 内部実装のエラーを修正しました。 quantileTDigest (Artem Vakhrushevによって発見された)。 このエラーはClickHouseでは決して発生せず、ClickHouseコードベースをライブラリとして直接使用する人にのみ関連していました。 #3935 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

改善 

  • のサポート IF NOT EXISTSALTER TABLE ADD COLUMN と一緒に文 IF EXISTSDROP/MODIFY/CLEAR/COMMENT COLUMN. #3900 (ボリス-グランヴォー)
  • 関数 parseDateTimeBestEffort:形式のサポート DD.MM.YYYY, DD.MM.YY, DD-MM-YYYY, DD-Mon-YYYY, DD/Month/YYYY と同様。 #3922 (アレクセイ-ミロヴィドフ)
  • CapnProtoInputStream 今ギザギザの構造をサポート。 #4063 (稼動に伴Hultgren Van Der Horst)
  • ユーザビリティ向上に追加チェックがサーバプロセスからのデータディレクトリはオーナーを想定しています。 できない開始のサーバーからのルートデータが得られない場合には所属非rootユーザーです。 #3785 (セルゲイ-v-ガルツェフ)
  • より良いロジックの確認に必要なカラムの中での分析クエリを処理するクラウドの場合が仲間入り。 #3930 (アルテム-ズイコフ)
  • 単一のサーバーに多数の分散テーブルがある場合の接続数を減少させました。 #3726 (冬張)
  • サポートされている合計行 WITH TOTALS ODBCドライバのクエリ。 #3836 (マクシム-コリツキー)
  • 使用を許可 Enumif関数内の整数としてのs。 #3875 (イワン)
  • 追加 low_cardinality_allow_in_native_format 設定。 無効の場合は、使用しないでください LowCadrinality 入力 Native 形式。 #3879 (コチェトヴニコライ)
  • 削除の冗長化物からの集計表現のキャッシュの低メモリ使用量 #4042 (アレサピン)
  • それをチェック追加 SET send_logs_level = 'value' クエリーを受け適切な値です。 #3873 (サビヤニン-マキシム)
  • 型変換関数の固定データ型チェック。 #3896 (冬張)

性能の向上 

  • MergeTree設定を追加する use_minimalistic_part_header_in_zookeeper. 有効になっている場合、複製のテーブル店舗のコンパクト部分のメタデータの一部znode. これは著しく低下するので、飼育係スナップショットサイズ(場合には、あらゆるテーブルのカラム). この設定を有効にすると、サポートされていないバージョンにダウングレードすることはできません。 #3960 (アレックス-ザテレピン)
  • 関数のDFAベースの実装を追加する sequenceMatchsequenceCount パターンに時間が含まれていない場合。 #4004 (Léo Ercolanelli)
  • 整数シリアル化のパフォーマンス向上。 #3968 (アモス鳥)
  • ゼロ左パディングPODArrayように-1要素は常に有効とゼロになります。 これは、オフセットの分岐のない計算に使用されます。 #3920 (アモス鳥)
  • 元に戻した jemalloc 性能低下につながるバージョン。 #4018 (アレクセイ-ミロヴィドフ)

下位互換性のない変更 

ビルド/テスト/パッケージの改善 

2018年の変更履歴 

評価: 4 - 1 投票

この内容は有用だったか。
★★★★☆