入力 

input(structure) -に送られるデータを効果的に変え、挿入することを可能にする表機能
別の構造を持つテーブルに指定された構造を持つサーバー。

structure -以下の形式でサーバーに送信されるデータの構造 'column1_name column1_type, column2_name column2_type, ...'.
例えば, 'id UInt32, name String'.

この関数は、次の場合にのみ使用できます INSERT SELECT それ以外の場合は通常の表関数のように動作します
(例えば、サブクエリなどで使用できます。).

データは通常のような方法で送信することができます INSERT クエリと任意の利用可能に渡されます 形式
クエリの最後に指定する必要があります(通常とは異なります INSERT SELECT).

この機能の主な特徴は、サーバがクライアントからデータを受信すると同時に変換することです
の式のリストに従って SELECT 節とターゲットテーブルへの挿入。 一時テーブル
転送されたすべてのデータは作成されません。

  • は、 test 表の構造は次のとおりです (a String, b String)
    そしてデータ data.csv 異なる構造を持っています (col1 String, col2 Date, col3 Int32). 挿入のクエリ
    からのデータ data.csvtest 同時変換のテーブルは次のようになります:
$ cat data.csv | clickhouse-client --query="INSERT INTO test SELECT lower(col1), col3 * col3 FROM input('col1 String, col2 Date, col3 Int32') FORMAT CSV";
  • もし data.csv 同じ構造のデータを含む test_structure 表として test そしてこれら二つのクエリが等しい:
$ cat data.csv | clickhouse-client --query="INSERT INTO test FORMAT CSV"
$ cat data.csv | clickhouse-client --query="INSERT INTO test SELECT * FROM input('test_structure') FORMAT CSV"

評価: 5 - 2 投票

この内容は有用だったか。
★★★★★