演算子 

ClickHouseは、優先順位、優先順位、および連想に従って、クエリ解析段階で演算子を対応する関数に変換します。

アクセス演算子 

a[N] – Access to an element of an array. The arrayElement(a, N) 機能。

a.N – Access to a tuple element. The tupleElement(a, N) 機能。

数値否定演算子 

-a – The negate (a) 機能。

乗算演算子と除算演算子 

a * b – The multiply (a, b) 機能。

a / b – The divide(a, b) 機能。

a % b – The modulo(a, b) 機能。

加算演算子と減算演算子 

a + b – The plus(a, b) 機能。

a - b – The minus(a, b) 機能。

比較演算子 

a = b – The equals(a, b) 機能。

a == b – The equals(a, b) 機能。

a != b – The notEquals(a, b) 機能。

a <> b – The notEquals(a, b) 機能。

a <= b – The lessOrEquals(a, b) 機能。

a >= b – The greaterOrEquals(a, b) 機能。

a < b – The less(a, b) 機能。

a > b – The greater(a, b) 機能。

a LIKE s – The like(a, b) 機能。

a NOT LIKE s – The notLike(a, b) 機能。

a BETWEEN b AND c – The same as a >= b AND a <= c.

a NOT BETWEEN b AND c – The same as a < b OR a > c.

データセットを操作する演算子 

見る 演算子で.

a IN ... – The in(a, b) 機能。

a NOT IN ... – The notIn(a, b) 機能。

a GLOBAL IN ... – The globalIn(a, b) 機能。

a GLOBAL NOT IN ... – The globalNotIn(a, b) 機能。

日付と時刻を操作する演算子 

EXTRACT 

EXTRACT(part FROM date);

特定の日付から部品を抽出します。 たとえば、特定の日付から月、または時間から秒を取得できます。

その part パラメータ取得する日付のどの部分を指定します。 使用可能な値は次のとおりです:

  • DAY — The day of the month. Possible values: 1–31.
  • MONTH — The number of a month. Possible values: 1–12.
  • YEAR — The year.
  • SECOND — The second. Possible values: 0–59.
  • MINUTE — The minute. Possible values: 0–59.
  • HOUR — The hour. Possible values: 0–23.

その part パラメータは大文字と小文字を区別する.

その date パラメータ処理する日付または時刻を指定します。 どちらか 日付 または DateTime タイプに対応しています。

例:

SELECT EXTRACT(DAY FROM toDate('2017-06-15'));
SELECT EXTRACT(MONTH FROM toDate('2017-06-15'));
SELECT EXTRACT(YEAR FROM toDate('2017-06-15'));

次の例では、テーブルを作成し、そこに値を挿入します DateTime タイプ。

CREATE TABLE test.Orders
(
    OrderId UInt64,
    OrderName String,
    OrderDate DateTime
)
ENGINE = Log;
INSERT INTO test.Orders VALUES (1, 'Jarlsberg Cheese', toDateTime('2008-10-11 13:23:44'));
SELECT
    toYear(OrderDate) AS OrderYear,
    toMonth(OrderDate) AS OrderMonth,
    toDayOfMonth(OrderDate) AS OrderDay,
    toHour(OrderDate) AS OrderHour,
    toMinute(OrderDate) AS OrderMinute,
    toSecond(OrderDate) AS OrderSecond
FROM test.Orders;
┌─OrderYear─┬─OrderMonth─┬─OrderDay─┬─OrderHour─┬─OrderMinute─┬─OrderSecond─┐
│      2008 │         10 │       11 │        13 │          23 │          44 │
└───────────┴────────────┴──────────┴───────────┴─────────────┴─────────────┘

以下の例を見ることができます テスト.

INTERVAL 

を作成します。 間隔-算術演算で使用されるべき型の値 日付DateTime-値を入力します。

間隔のタイプ:
- SECOND
- MINUTE
- HOUR
- DAY
- WEEK
- MONTH
- QUARTER
- YEAR

例:

SELECT now() AS current_date_time, current_date_time + INTERVAL 4 DAY + INTERVAL 3 HOUR
┌───current_date_time─┬─plus(plus(now(), toIntervalDay(4)), toIntervalHour(3))─┐
│ 2019-10-23 11:16:28 │                                    2019-10-27 14:16:28 │
└─────────────────────┴────────────────────────────────────────────────────────┘

も参照。

論理否定演算子 

NOT a – The not(a) 機能。

論理And演算子 

a AND b – Theand(a, b) 機能。

論理OR演算子 

a OR b – The or(a, b) 機能。

条件演算子 

a ? b : c – The if(a, b, c) 機能。

注:

条件演算子は、bとcの値を計算し、条件aが満たされているかどうかをチェックし、対応する値を返します。 もし b または Cアレイジョイン() 関数は、各行は関係なく、レプリケートされます “a” 条件だ

条件式 

CASE [x]
    WHEN a THEN b
    [WHEN ... THEN ...]
    [ELSE c]
END

もし x が指定される。 transform(x, [a, ...], [b, ...], c) function is used. Otherwise – multiIf(a, b, ..., c).

がない場合 ELSE c 句式のデフォルト値は次のとおりです NULL.

その transform 関数は動作しません NULL.

連結演算子 

s1 || s2 – The concat(s1, s2) function.

ラムダ作成演算子 

x -> expr – The lambda(x, expr) function.

次の演算子は角かっこであるため、優先順位はありません:

配列作成演算子 

[x1, ...] – The array(x1, ...) function.

タプル作成演算子 

(x1, x2, ...) – The tuple(x2, x2, ...) function.

連想性 

すべての二項演算子は連想性を残しています。 例えば, 1 + 2 + 3 に変換されます plus(plus(1, 2), 3).
時にはこれはあなたが期待するように動作しません。 例えば, SELECT 4 > 2 > 3 結果は0になります。

効率のために、 andor 関数は任意の数の引数を受け入れます。 の対応する鎖 ANDOR 演算子は、これらの関数の単一の呼び出しに変換されます。

チェック NULL 

クリックハウスは IS NULLIS NOT NULL 演算子。

IS NULL 

  • のために Null可能 型の値は、 IS NULL 演算子の戻り値:
    • 1 値が NULL.
    • 0 そうでなければ
  • その他の値については、 IS NULL 演算子は常に返します 0.
SELECT x+100 FROM t_null WHERE y IS NULL
┌─plus(x, 100)─┐
│          101 │
└──────────────┘

IS NOT NULL 

  • のために Null可能 型の値は、 IS NOT NULL 演算子の戻り値:
    • 0 値が NULL.
    • 1 そうでなければ
  • その他の値については、 IS NOT NULL 演算子は常に返します 1.
SELECT * FROM t_null WHERE y IS NOT NULL
┌─x─┬─y─┐
│ 2 │ 3 │
└───┴───┘

元の記事

Rating: 4.4 - 5 votes

Was this content helpful?
★★★★☆