UUIDを操作するための関数 

UUIDを操作するための関数を以下に示します。

generateuidv4 

を生成する。 UUIDバージョン4.

generateUUIDv4()

戻り値

UUID型の値。

使用例

この例では、UUID型の列を持つテーブルを作成し、テーブルに値を挿入する方法を示します。

CREATE TABLE t_uuid (x UUID) ENGINE=TinyLog

INSERT INTO t_uuid SELECT generateUUIDv4()

SELECT * FROM t_uuid
┌────────────────────────────────────x─┐
│ f4bf890f-f9dc-4332-ad5c-0c18e73f28e9 │
└──────────────────────────────────────┘

トウイド(x) 

文字列型の値をUUID型に変換します。

toUUID(String)

戻り値

UUID型の値。

使用例

SELECT toUUID('61f0c404-5cb3-11e7-907b-a6006ad3dba0') AS uuid
┌─────────────────────────────────uuid─┐
│ 61f0c404-5cb3-11e7-907b-a6006ad3dba0 │
└──────────────────────────────────────┘

UUIDStringToNum 

形式で36文字を含む文字列を受け入れます xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx これを、aのバイトセットとして返します FixedString(16).

UUIDStringToNum(String)

戻り値

FixedString(16)

使用例

SELECT
    '612f3c40-5d3b-217e-707b-6a546a3d7b29' AS uuid,
    UUIDStringToNum(uuid) AS bytes
┌─uuid─────────────────────────────────┬─bytes────────────┐
│ 612f3c40-5d3b-217e-707b-6a546a3d7b29 │ a/<@];!~p{jTj={) │
└──────────────────────────────────────┴──────────────────┘

UUIDNumToString 

受け入れるa FixedString(16) テキスト形式で36文字を含む文字列を返します。

UUIDNumToString(FixedString(16))

戻り値

文字列

使用例

SELECT
    'a/<@];!~p{jTj={)' AS bytes,
    UUIDNumToString(toFixedString(bytes, 16)) AS uuid
┌─bytes────────────┬─uuid─────────────────────────────────┐
│ a/<@];!~p{jTj={) │ 612f3c40-5d3b-217e-707b-6a546a3d7b29 │
└──────────────────┴──────────────────────────────────────┘

も参照。 

評価: 4 - 1 投票

この内容は有用だったか。
★★★★☆