文字列と配列を分割および結合するための関数 

splitByChar(セパレーター、s) 

文字列を、指定した文字で区切られた部分文字列に分割します。 定数文字列を使用します separator これは正確に一つの文字で構成されます。
選択した部分文字列の配列を返します。 文字列の先頭または末尾に区切り文字がある場合、または複数の連続した区切り文字がある場合は、空の部分文字列を選択できます。

構文

splitByChar(<separator>, <s>)

パラメータ

  • separator — The separator which should contain exactly one character. 文字列.
  • s — The string to split. 文字列.

戻り値)

選択した部分文字列の配列を返します。 空の部分文字列は、次の場合に選択できます:

  • 区切り文字は、文字列の先頭または末尾にあります;
  • 複数の連続した区切り文字があります;
  • 元の文字列 s 空です。

タイプ: 配列文字列.

SELECT splitByChar(',', '1,2,3,abcde')
┌─splitByChar(',', '1,2,3,abcde')─┐
│ ['1','2','3','abcde']           │
└─────────────────────────────────┘

splitByString(セパレーター、s) 

文字列を文字列で区切られた部分文字列に分割します。 定数文字列を使用します separator 区切り文字として複数の文字を指定します。 文字列の場合 separator 空の場合は、文字列を分割します s 単一の文字の配列に。

構文

splitByString(<separator>, <s>)

パラメータ

戻り値)

選択した部分文字列の配列を返します。 空の部分文字列は、次の場合に選択できます:

タイプ: 配列文字列.

  • 空でない区切り文字は、文字列の先頭または末尾にあります;
  • 連続した空でない区切り文字が複数あります;
  • 元の文字列 s 区切り文字が空でない間は空です。

SELECT splitByString(', ', '1, 2 3, 4,5, abcde')
┌─splitByString(', ', '1, 2 3, 4,5, abcde')─┐
│ ['1','2 3','4,5','abcde']                 │
└───────────────────────────────────────────┘
SELECT splitByString('', 'abcde')
┌─splitByString('', 'abcde')─┐
│ ['a','b','c','d','e']      │
└────────────────────────────┘

arrayStringConcat(arr[,区切り記号]) 

配列にリストされている文字列を区切り文字で連結します。'separator'はオプションのパラメータです:定数文字列で、デフォルトでは空の文字列に設定されます。
文字列を返します。

アルファトケンス(曖昧さ回避) 

A-zおよびA-Zの範囲から連続したバイトの部分文字列を選択します。

SELECT alphaTokens('abca1abc')
┌─alphaTokens('abca1abc')─┐
│ ['abca','abc']          │
└─────────────────────────┘

元の記事

Rating: 5 - 4 votes

Was this content helpful?
★★★★★