その他の機能 

ホスト名() 

この関数が実行されたホストの名前を持つ文字列を返します。 分散処理の場合、関数がリモートサーバーで実行される場合、これはリモートサーバーホストの名前です。

getMacro 

から名前付きの値を取得します マクロ サーバー構成のセクション。

構文

getMacro(name);

パラメータ

  • name — Name to retrieve from the macros セクション 文字列.

戻り値

  • 指定されたマクロの値。

タイプ: 文字列.

macros サーバー設定ファイルのセクション:

<macros>
    <test>Value</test>
</macros>

クエリ:

SELECT getMacro('test');

結果:

┌─getMacro('test')─┐
│ Value            │
└──────────────────┘

同じ値を取得する別の方法:

SELECT * FROM system.macros
WHERE macro = 'test';
┌─macro─┬─substitution─┐
│ test  │ Value        │
└───────┴──────────────┘

FQDN 

完全修飾ドメイン名を返します。

構文

fqdn();

この関数は、大文字と小文字を区別しません。

戻り値

  • 完全修飾ドメイン名を持つ文字列。

タイプ: String.

クエリ:

SELECT FQDN();

結果:

┌─FQDN()──────────────────────────┐
│ clickhouse.ru-central1.internal │
└─────────────────────────────────┘

ベース名 

最後のスラッシュまたはバックスラッシュの後の文字列の末尾の部分を抽出します。 この関数は、パスからファイル名を抽出するためによく使用されます。

basename( expr )

パラメータ

  • expr — Expression resulting in a 文字列 タイプ値。 結果の値では、すべての円記号をエスケープする必要があります。

戻り値

以下を含む文字列:

  • 最後のスラッシュまたはバックスラッシュの後の文字列の末尾の部分。

    If the input string contains a path ending with slash or backslash, for example, `/` or `c:\`, the function returns an empty string.
    
  • スラッシュまたは円記号がない場合の元の文字列。

SELECT 'some/long/path/to/file' AS a, basename(a)
┌─a──────────────────────┬─basename('some\\long\\path\\to\\file')─┐
│ some\long\path\to\file │ file                                   │
└────────────────────────┴────────────────────────────────────────┘
SELECT 'some\\long\\path\\to\\file' AS a, basename(a)
┌─a──────────────────────┬─basename('some\\long\\path\\to\\file')─┐
│ some\long\path\to\file │ file                                   │
└────────────────────────┴────────────────────────────────────────┘
SELECT 'some-file-name' AS a, basename(a)
┌─a──────────────┬─basename('some-file-name')─┐
│ some-file-name │ some-file-name             │
└────────────────┴────────────────────────────┘

visibleWidth(x) 

テキスト形式(タブ区切り)でコンソールに値を出力するときのおおよその幅を計算します。
この関数は、システムがPretty形式を実装するために使用されます。

NULL に対応する文字列として表される。 NULLPretty フォーマット。

SELECT visibleWidth(NULL)
┌─visibleWidth(NULL)─┐
│                  4 │
└────────────────────┘

トータイプ名(x) 

渡された引数の型名を含む文字列を返します。

もし NULL 関数に入力として渡されると、 Nullable(Nothing) 内部に対応する型 NULL ClickHouseでの表現。

ブロックサイズ() 

ブロックのサイズを取得します。
ClickHouseでは、クエリは常にブロック(列部分のセット)で実行されます。 この関数では、呼び出したブロックのサイズを取得できます。

マテリアライズ(x) 

定数を一つの値だけを含む完全な列に変換します。
ClickHouseでは、完全な列と定数はメモリ内で異なって表されます。 関数は、定数引数と通常の引数(異なるコードが実行される)では異なる動作をしますが、結果はほとんど常に同じです。 この機能はデバッグするための

ignore(…) 

受け入れる引数を含む NULL. 常に0を返します。
しかし、引数はまだ評価されています。 これはベンチマークに使用できます。

スリープ(秒) 

眠る ‘seconds’ 各データブロックの秒数。 整数または浮動小数点数を指定できます。

sleepEachRow(秒) 

眠る ‘seconds’ 各行の秒数。 整数または浮動小数点数を指定できます。

currentDatabase() 

現在のデータベースの名前を返します。
この関数は、データベースを指定する必要があるCREATE TABLEクエリのテーブルエンジンパラメーターで使用できます。

currentUser() 

現在のユーザーのログインを返します。 ユーザーのログイン、その開始されたクエリは、distibutedクエリの場合に返されます。

SELECT currentUser();

別名: user(), USER().

戻り値

  • 現在のユーザーのログイン。
  • 分割されたクエリの場合にクエリを開始したユーザーのログイン。

タイプ: String.

クエリ:

SELECT currentUser();

結果:

┌─currentUser()─┐
│ default       │
└───────────────┘

isConstant 

引数が定数式かどうかを確認します。

A constant expression means an expression whose resulting value is known at the query analysis (i.e. before execution). For example, expressions over リテラル は定数式です。

この機能は開発のアプリケーションのデバッグおよびデモンストレーション

構文

isConstant(x)

パラメータ

  • x — Expression to check.

戻り値

  • 1x 定数です。
  • 0x は定数ではありません。

タイプ: UInt8.

クエリ:

SELECT isConstant(x + 1) FROM (SELECT 43 AS x)

結果:

┌─isConstant(plus(x, 1))─┐
│                      1 │
└────────────────────────┘

クエリ:

WITH 3.14 AS pi SELECT isConstant(cos(pi))

結果:

┌─isConstant(cos(pi))─┐
│                   1 │
└─────────────────────┘

クエリ:

SELECT isConstant(number) FROM numbers(1)

結果:

┌─isConstant(number)─┐
│                  0 │
└────────────────────┘

isFinite(x) 

Float32とFloat64を受け入れ、引数が無限でなくNaNでない場合はUInt8を1、それ以外の場合は0を返します。

イシンフィナイト(x) 

Float32とFloat64を受け入れ、引数が無限の場合はUInt8を1、それ以外の場合は0を返します。 NaNの場合は0が返されることに注意してください。

ifNotFinite 

浮動小数点値が有限かどうかをチェックします。

構文

ifNotFinite(x,y)

パラメータ

戻り値

  • x もし x は有限である。
  • y もし x 有限ではない。

クエリ:

SELECT 1/0 as infimum, ifNotFinite(infimum,42)

結果:

┌─infimum─┬─ifNotFinite(divide(1, 0), 42)─┐
│     inf │                            42 │
└─────────┴───────────────────────────────┘

同様の結果を得るには、次のようにします 三項演算子: isFinite(x) ? x : y.

イスナン(x) 

Float32とFloat64を受け入れ、引数がNaNの場合はUInt8が1、それ以外の場合は0を返します。

hasColumnInTable([‘hostname’[, ‘username’[, ‘password’]],] ‘database’, ‘table’, ‘column’) 

データベース名、テーブル名、および列名の定数文字列を受け入れます。 列がある場合はUInt8定数式を1、それ以外の場合は0を返します。 Hostnameパラメータが設定されている場合、テストはリモートサーバーで実行されます。
テーブルが存在しない場合、この関数は例外をスローします。
入れ子になったデータ構造の要素の場合、関数は列の存在をチェックします。 入れ子になったデータ構造自体の場合、関数は0を返します。

バー 

Unicodeアート図を作成できます。

bar(x, min, max, width) 幅に比例したバンドを描画します (x - min) と等しい width ときの文字 x = max.

パラメータ:

  • x — Size to display.
  • min, max — Integer constants. The value must fit in Int64.
  • width — Constant, positive integer, can be fractional.

バンドは、シンボルの第八に正確に描かれています。

例:

SELECT
    toHour(EventTime) AS h,
    count() AS c,
    bar(c, 0, 600000, 20) AS bar
FROM test.hits
GROUP BY h
ORDER BY h ASC
┌──h─┬──────c─┬─bar────────────────┐
│  0 │ 292907 │ █████████▋         │
│  1 │ 180563 │ ██████             │
│  2 │ 114861 │ ███▋               │
│  3 │  85069 │ ██▋                │
│  4 │  68543 │ ██▎                │
│  5 │  78116 │ ██▌                │
│  6 │ 113474 │ ███▋               │
│  7 │ 170678 │ █████▋             │
│  8 │ 278380 │ █████████▎         │
│  9 │ 391053 │ █████████████      │
│ 10 │ 457681 │ ███████████████▎   │
│ 11 │ 493667 │ ████████████████▍  │
│ 12 │ 509641 │ ████████████████▊  │
│ 13 │ 522947 │ █████████████████▍ │
│ 14 │ 539954 │ █████████████████▊ │
│ 15 │ 528460 │ █████████████████▌ │
│ 16 │ 539201 │ █████████████████▊ │
│ 17 │ 523539 │ █████████████████▍ │
│ 18 │ 506467 │ ████████████████▊  │
│ 19 │ 520915 │ █████████████████▎ │
│ 20 │ 521665 │ █████████████████▍ │
│ 21 │ 542078 │ ██████████████████ │
│ 22 │ 493642 │ ████████████████▍  │
│ 23 │ 400397 │ █████████████▎     │
└────┴────────┴────────────────────┘

変換 

いくつかの要素と他の要素との明示的に定義されたマッピングに従って値を変換します。
あーならではのバリエーション機能:

transform(x,array_from,array_to,デフォルト) 

x – What to transform.

array_from – Constant array of values for converting.

array_to – Constant array of values to convert the values in ‘from’ に。

default – Which value to use if ‘x’ の値のいずれとも等しくない。 ‘from’.

array_fromarray_to – Arrays of the same size.

タイプ:

transform(T, Array(T), Array(U), U) -> U

TU 数値、文字列、または日付またはDateTime型を指定できます。
同じ文字が示されている場合(TまたはU)、数値型の場合、これらは一致する型ではなく、共通の型を持つ型である可能性があります。
たとえば、最初の引数はInt64型で、二番目の引数は配列(UInt16)型です。

もし ‘x’ 値は、要素のいずれかに等しいです。 ‘array_from’ これは、配列から既存の要素(つまり、同じ番号が付けられている)を返します。 ‘array_to’ 配列 それ以外の場合は、 ‘default’. 複数の一致する要素がある場合 ‘array_from’,一致するもののいずれかを返します。

例:

SELECT
    transform(SearchEngineID, [2, 3], ['Yandex', 'Google'], 'Other') AS title,
    count() AS c
FROM test.hits
WHERE SearchEngineID != 0
GROUP BY title
ORDER BY c DESC
┌─title─────┬──────c─┐
│ Yandex    │ 498635 │
│ Google    │ 229872 │
│ Other     │ 104472 │
└───────────┴────────┘

変換(x,array_from,array_to) 

最初のバリエーションとは異なり、 ‘default’ 引数は省略される。
もし ‘x’ 値は、要素のいずれかに等しいです。 ‘array_from’ これは、配列から一致する要素(つまり、同じ番号が付けられている)を返します。 ‘array_to’ 配列 それ以外の場合は、 ‘x’.

タイプ:

transform(T, Array(T), Array(T)) -> T

例:

SELECT
    transform(domain(Referer), ['yandex.ru', 'google.ru', 'vk.com'], ['www.yandex', 'example.com']) AS s,
    count() AS c
FROM test.hits
GROUP BY domain(Referer)
ORDER BY count() DESC
LIMIT 10
┌─s──────────────┬───────c─┐
│                │ 2906259 │
│ www.yandex     │  867767 │
│ ███████.ru     │  313599 │
│ mail.yandex.ru │  107147 │
│ ██████.ru      │  100355 │
│ █████████.ru   │   65040 │
│ news.yandex.ru │   64515 │
│ ██████.net     │   59141 │
│ example.com    │   57316 │
└────────────────┴─────────┘

formatReadableSize(x) 

サイズ(バイト数)を受け入れます。 サフィックス(kib、MiBなど)を持つ丸められたサイズを返します。)文字列として。

例:

SELECT
    arrayJoin([1, 1024, 1024*1024, 192851925]) AS filesize_bytes,
    formatReadableSize(filesize_bytes) AS filesize
┌─filesize_bytes─┬─filesize───┐
│              1 │ 1.00 B     │
│           1024 │ 1.00 KiB   │
│        1048576 │ 1.00 MiB   │
│      192851925 │ 183.92 MiB │
└────────────────┴────────────┘

最小(a,b) 

Aとbの最小値を返します。

グレイテスト(a,b) 

Aとbの最大値を返します。

稼働時間() 

サーバーの稼働時間を秒単位で返します。

バージョン() 

サーバーのバージョンを文字列として返します。

タイムゾーン() 

サーバーのタイムゾーンを返します。

ブロックナンバー 

行があるデータブロックのシーケンス番号を返します。

rowNumberInBlock 

データブロック内の行の序数を返します。 異なるデータブロックは常に再計算されます。

ローナンバリンブロック() 

データブロック内の行の序数を返します。 この機能のみを考慮した影響のデータブロックとなります。

隣人 

指定された列の現在の行の前または後に来る指定されたオフセットの行へのアクセスを提供するウィンドウ関数。

構文

neighbor(column, offset[, default_value])

関数の結果は、影響を受けるデータブロックとブロック内のデータの順序によって異なります。
ORDER BYを使用してサブクエリを作成し、サブクエリの外部から関数を呼び出すと、期待される結果が得られます。

パラメータ

  • column — A column name or scalar expression.
  • offset — The number of rows forwards or backwards from the current row of column. Int64.
  • default_value — Optional. The value to be returned if offset goes beyond the scope of the block. Type of data blocks affected.

戻り値

  • の値 columnoffset 現在の行からの距離if offset 値がブロック境界外ではありません。
  • のデフォルト値 column もし offset 値はブロック境界外です。 もし default_value が与えられると、それが使用されます。

タイプ:タイプのデータブロックの影響を受けまたはデフォルト値タイプです。

クエリ:

SELECT number, neighbor(number, 2) FROM system.numbers LIMIT 10;

結果:

┌─number─┬─neighbor(number, 2)─┐
│      0 │                   2 │
│      1 │                   3 │
│      2 │                   4 │
│      3 │                   5 │
│      4 │                   6 │
│      5 │                   7 │
│      6 │                   8 │
│      7 │                   9 │
│      8 │                   0 │
│      9 │                   0 │
└────────┴─────────────────────┘

クエリ:

SELECT number, neighbor(number, 2, 999) FROM system.numbers LIMIT 10;

結果:

┌─number─┬─neighbor(number, 2, 999)─┐
│      0 │                        2 │
│      1 │                        3 │
│      2 │                        4 │
│      3 │                        5 │
│      4 │                        6 │
│      5 │                        7 │
│      6 │                        8 │
│      7 │                        9 │
│      8 │                      999 │
│      9 │                      999 │
└────────┴──────────────────────────┘

この関数を使用して、前年比メトリック値を計算できます:

クエリ:

WITH toDate('2018-01-01') AS start_date
SELECT
    toStartOfMonth(start_date + (number * 32)) AS month,
    toInt32(month) % 100 AS money,
    neighbor(money, -12) AS prev_year,
    round(prev_year / money, 2) AS year_over_year
FROM numbers(16)

結果:

┌──────month─┬─money─┬─prev_year─┬─year_over_year─┐
│ 2018-01-01 │    32 │         0 │              0 │
│ 2018-02-01 │    63 │         0 │              0 │
│ 2018-03-01 │    91 │         0 │              0 │
│ 2018-04-01 │    22 │         0 │              0 │
│ 2018-05-01 │    52 │         0 │              0 │
│ 2018-06-01 │    83 │         0 │              0 │
│ 2018-07-01 │    13 │         0 │              0 │
│ 2018-08-01 │    44 │         0 │              0 │
│ 2018-09-01 │    75 │         0 │              0 │
│ 2018-10-01 │     5 │         0 │              0 │
│ 2018-11-01 │    36 │         0 │              0 │
│ 2018-12-01 │    66 │         0 │              0 │
│ 2019-01-01 │    97 │        32 │           0.33 │
│ 2019-02-01 │    28 │        63 │           2.25 │
│ 2019-03-01 │    56 │        91 │           1.62 │
│ 2019-04-01 │    87 │        22 │           0.25 │
└────────────┴───────┴───────────┴────────────────┘

runningDifference(x) 

Calculates the difference between successive row values ​​in the data block.
最初の行には0を返し、後続の行ごとに前の行との差を返します。

関数の結果は、影響を受けるデータブロックとブロック内のデータの順序によって異なります。
ORDER BYを使用してサブクエリを作成し、サブクエリの外部から関数を呼び出すと、期待される結果が得られます。

例:

SELECT
    EventID,
    EventTime,
    runningDifference(EventTime) AS delta
FROM
(
    SELECT
        EventID,
        EventTime
    FROM events
    WHERE EventDate = '2016-11-24'
    ORDER BY EventTime ASC
    LIMIT 5
)
┌─EventID─┬───────────EventTime─┬─delta─┐
│    1106 │ 2016-11-24 00:00:04 │     0 │
│    1107 │ 2016-11-24 00:00:05 │     1 │
│    1108 │ 2016-11-24 00:00:05 │     0 │
│    1109 │ 2016-11-24 00:00:09 │     4 │
│    1110 │ 2016-11-24 00:00:10 │     1 │
└─────────┴─────────────────────┴───────┘

注意-ブロックサイズは結果に影響します。 それぞれの新しいブロックでは、 runningDifference 状態がリセットされます。

SELECT
    number,
    runningDifference(number + 1) AS diff
FROM numbers(100000)
WHERE diff != 1
┌─number─┬─diff─┐
│      0 │    0 │
└────────┴──────┘
┌─number─┬─diff─┐
│  65536 │    0 │
└────────┴──────┘
set max_block_size=100000 -- default value is 65536!

SELECT
    number,
    runningDifference(number + 1) AS diff
FROM numbers(100000)
WHERE diff != 1
┌─number─┬─diff─┐
│      0 │    0 │
└────────┴──────┘

runningDifferenceStartingWithFirstvalue 

同じように runningDifference、差は、最初の行の値であり、最初の行の値を返し、後続の各行は、前の行からの差を返します。

マクナムトストリング(num) 

UInt64番号を受け入れます。 ビッグエンディアンのMACアドレスとして解釈します。 対応するMACアドレスを含む文字列をAA:BB:CC:DD:EE:FF(十六進形式のコロン区切りの数値)の形式で返します。

マクストリングトナム(s) 

MACNumToStringの逆関数。 MACアドレスの形式が無効な場合は、0を返します。

マクストリングトゥーイ(s) 

AA:BB:CC:DD:EE:FF(十六進形式のコロン区切りの数字)の形式でMACアドレスを受け入れます。 Uint64番号として最初の三つのオクテットを返します。 MACアドレスの形式が無効な場合は、0を返します。

getSizeOfEnumType 

フィールドの数を返します。 Enum.

getSizeOfEnumType(value)

パラメータ:

  • value — Value of type Enum.

戻り値

  • フィールドの数 Enum 入力値。
  • 型が指定されていない場合、例外がスローされます Enum.

SELECT getSizeOfEnumType( CAST('a' AS Enum8('a' = 1, 'b' = 2) ) ) AS x
┌─x─┐
│ 2 │
└───┘

blockSerializedSize 

圧縮を考慮せずにディスク上のサイズを返します。

blockSerializedSize(value[, value[, ...]])

パラメータ:

  • value — Any value.

戻り値

  • 値のブロック(圧縮なし)のためにディスクに書き込まれるバイト数。

SELECT blockSerializedSize(maxState(1)) as x
┌─x─┐
│ 2 │
└───┘

toColumnTypeName 

RAM内の列のデータ型を表すクラスの名前を返します。

toColumnTypeName(value)

パラメータ:

  • value — Any type of value.

戻り値

  • 表すために使用されるクラスの名前を持つ文字列 value RAMのデータ型。

の違いの例toTypeName ' and ' toColumnTypeName

SELECT toTypeName(CAST('2018-01-01 01:02:03' AS DateTime))
┌─toTypeName(CAST('2018-01-01 01:02:03', 'DateTime'))─┐
│ DateTime                                            │
└─────────────────────────────────────────────────────┘
SELECT toColumnTypeName(CAST('2018-01-01 01:02:03' AS DateTime))
┌─toColumnTypeName(CAST('2018-01-01 01:02:03', 'DateTime'))─┐
│ Const(UInt32)                                             │
└───────────────────────────────────────────────────────────┘

この例では、 DateTime デー Const(UInt32).

dumpColumnStructure 

RAM内のデータ構造の詳細な説明を出力します

dumpColumnStructure(value)

パラメータ:

  • value — Any type of value.

戻り値

  • 表すために使用される構造体を記述する文字列 value RAMのデータ型。

SELECT dumpColumnStructure(CAST('2018-01-01 01:02:03', 'DateTime'))
┌─dumpColumnStructure(CAST('2018-01-01 01:02:03', 'DateTime'))─┐
│ DateTime, Const(size = 1, UInt32(size = 1))                  │
└──────────────────────────────────────────────────────────────┘

defaultValueOfArgumentType 

データ型の既定値を出力します。

ユーザーが設定したカスタム列の既定値は含まれません。

defaultValueOfArgumentType(expression)

パラメータ:

  • expression — Arbitrary type of value or an expression that results in a value of an arbitrary type.

戻り値

  • 0 数字のために。
  • 文字列の場合は空の文字列です。
  • ᴺᵁᴸᴸ のために Null可能.

SELECT defaultValueOfArgumentType( CAST(1 AS Int8) )
┌─defaultValueOfArgumentType(CAST(1, 'Int8'))─┐
│                                           0 │
└─────────────────────────────────────────────┘
SELECT defaultValueOfArgumentType( CAST(1 AS Nullable(Int8) ) )
┌─defaultValueOfArgumentType(CAST(1, 'Nullable(Int8)'))─┐
│                                                  ᴺᵁᴸᴸ │
└───────────────────────────────────────────────────────┘

複製 

単一の値を持つ配列を作成します。

内部実装のために使用される アレイジョイン.

SELECT replicate(x, arr);

パラメータ:

  • arr — Original array. ClickHouse creates a new array of the same length as the original and fills it with the value x.
  • x — The value that the resulting array will be filled with.

戻り値

値で満たされた配列 x.

タイプ: Array.

クエリ:

SELECT replicate(1, ['a', 'b', 'c'])

結果:

┌─replicate(1, ['a', 'b', 'c'])─┐
│ [1,1,1]                       │
└───────────────────────────────┘

filesystemAvailable 

返金額の残存スペースのファイルシステムのファイルのデータベースはあります。 これは、常に合計空き領域よりも小さいです (filesystemFree)一部のスペースはOS用に予約されているため。

構文

filesystemAvailable()

戻り値

  • バイト単位で使用可能な残りの領域の量。

タイプ: UInt64.

クエリ:

SELECT formatReadableSize(filesystemAvailable()) AS "Available space", toTypeName(filesystemAvailable()) AS "Type";

結果:

┌─Available space─┬─Type───┐
│ 30.75 GiB       │ UInt64 │
└─────────────────┴────────┘

filesystemFree 

データベースのファイルがあるファイルシステム上の空き領域の合計量を返します。 も参照。 filesystemAvailable

構文

filesystemFree()

戻り値

  • バイト単位の空き領域の量。

タイプ: UInt64.

クエリ:

SELECT formatReadableSize(filesystemFree()) AS "Free space", toTypeName(filesystemFree()) AS "Type";

結果:

┌─Free space─┬─Type───┐
│ 32.39 GiB  │ UInt64 │
└────────────┴────────┘

filesystemCapacity 

ファイルシステムの容量をバイト単位で返します。 評価のために、 パス データディレ

構文

filesystemCapacity()

戻り値

  • バイト単位のファイルシステムの容量情報。

タイプ: UInt64.

クエリ:

SELECT formatReadableSize(filesystemCapacity()) AS "Capacity", toTypeName(filesystemCapacity()) AS "Type"

結果:

┌─Capacity──┬─Type───┐
│ 39.32 GiB │ UInt64 │
└───────────┴────────┘

finalizeAggregation 

集計関数の状態をとります。 集計結果(最終状態)を返します。

runningAccumulate 

集計関数の状態を取り、値を持つ列を返し、最初から現在の行に、ブロック行のセットのためにこれらの状態の蓄積の結果です。
たとえば、集計関数の状態をとり(例えばrunningAccumulate(uniqState(UserID)))、ブロックの各行に対して、すべての前の行と現在の行の状態のマージ時に集計関数の結果を返します。
したがって、関数の結果は、データのブロックへの分割およびブロック内のデータの順序に依存する。

joinGet 

この関数を使用すると、aと同じ方法でテーブルからデータを抽出できます 辞書.

データの取得 参加 指定された結合キーを使用するテーブル。

サポートするだけでなくテーブルで作成された ENGINE = Join(ANY, LEFT, <join_keys>) 声明。

構文

joinGet(join_storage_table_name, `value_column`, join_keys)

パラメータ

  • join_storage_table_name — an 識別子 検索が実行される場所を示します。 識別子は既定のデータベースで検索されます(パラメーターを参照 default_database 設定ファイル内)。 デフォルトのデータベースを上書きするには USE db_name またはを指定しデータベースのテーブルのセパレータ db_name.db_table、例を参照。
  • value_column — name of the column of the table that contains required data.
  • join_keys — list of keys.

戻り値

キーのリストに対応する値のリストを返します。

ソーステーブルに特定のものが存在しない場合、 0 または null に基づいて返されます join_use_nulls 設定。

詳細について join_use_nulls結合操作.

入力テーブル:

CREATE DATABASE db_test
CREATE TABLE db_test.id_val(`id` UInt32, `val` UInt32) ENGINE = Join(ANY, LEFT, id) SETTINGS join_use_nulls = 1
INSERT INTO db_test.id_val VALUES (1,11)(2,12)(4,13)
┌─id─┬─val─┐
│  4 │  13 │
│  2 │  12 │
│  1 │  11 │
└────┴─────┘

クエリ:

SELECT joinGet(db_test.id_val,'val',toUInt32(number)) from numbers(4) SETTINGS join_use_nulls = 1

結果:

┌─joinGet(db_test.id_val, 'val', toUInt32(number))─┐
│                                                0 │
│                                               11 │
│                                               12 │
│                                                0 │
└──────────────────────────────────────────────────┘

modelEvaluate(model_name, …) 

外部モデルの評価
モデル名とモデル引数を受け取ります。 Float64を返します。

throwIf(x[,custom_message]) 

引数がゼロ以外の場合は例外をスローします。
custom_message-オプションのパラメータです。

SELECT throwIf(number = 3, 'Too many') FROM numbers(10);
↙ Progress: 0.00 rows, 0.00 B (0.00 rows/s., 0.00 B/s.) Received exception from server (version 19.14.1):
Code: 395. DB::Exception: Received from localhost:9000. DB::Exception: Too many.

id 

引数として使用されたのと同じ値を返します。 インデックスを使用してキャンセルし、フルスキャンのクエリパフォーマンスを取得することができます。 クエリを分析してインデックスを使用する可能性がある場合、アナライザは内部を見ません identity 機能。

構文

identity(x)

クエリ:

SELECT identity(42)

結果:

┌─identity(42)─┐
│           42 │
└──────────────┘

randomPrintableASCII 

のランダムなセットを持つ文字列を生成します ASCII 印刷可能な文字。

構文

randomPrintableASCII(length)

パラメータ

  • length — Resulting string length. Positive integer.
    If you pass `length < 0`, behavior of the function is undefined.
    

戻り値

  • のランダムなセットを持つ文字列 ASCII 印刷可能な文字。

タイプ: 文字列

SELECT number, randomPrintableASCII(30) as str, length(str) FROM system.numbers LIMIT 3
┌─number─┬─str────────────────────────────┬─length(randomPrintableASCII(30))─┐
│      0 │ SuiCOSTvC0csfABSw=UcSzp2.`rv8x │                               30 │
│      1 │ 1Ag NlJ &RCN:*>HVPG;PE-nO"SUFD │                               30 │
│      2 │ /"+<"wUTh:=LjJ Vm!c&hI*m#XTfzz │                               30 │
└────────┴────────────────────────────────┴──────────────────────────────────┘

評価: 4.5 - 2 投票

この内容は有用だったか。
★★★★★