高次関数 

-> 演算子,lambda(params,expr)関数 

Allows describing a lambda function for passing to a higher-order function. The left side of the arrow has a formal parameter, which is any ID, or multiple formal parameters – any IDs in a tuple. The right side of the arrow has an expression that can use these formal parameters, as well as any table columns.

例: x -> 2 * x, str -> str != Referer.

高階関数は、関数の引数としてラムダ関数のみを受け入れることができます。

複数の引数を受け入れるlambda関数は、高次関数に渡すことができます。 この場合、高次関数には、これらの引数が対応する同じ長さのいくつかの配列が渡されます。

以下のような一部の機能については arrayCount または アレイサム、最初の引数(ラムダ関数)は省略することができます。 この場合、同一の写像が仮定される。

Lambda関数は、次の関数では省略できません:

arrayMap(func, arr1, …) 

の元のアプリケーションから取得した配列を返します。 func の各要素に対する関数 arr 配列

例:

SELECT arrayMap(x -> (x + 2), [1, 2, 3]) as res;
┌─res─────┐
│ [3,4,5] │
└─────────┘

異なる配列から要素のタプルを作成する方法を次の例に示します:

SELECT arrayMap((x, y) -> (x, y), [1, 2, 3], [4, 5, 6]) AS res
┌─res─────────────────┐
│ [(1,4),(2,5),(3,6)] │
└─────────────────────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayMap 機能。

arrayFilter(func, arr1, …) 

要素のみを含む配列を返します。 arr1 そのために func 0以外のものを返します。

例:

SELECT arrayFilter(x -> x LIKE '%World%', ['Hello', 'abc World']) AS res
┌─res───────────┐
│ ['abc World'] │
└───────────────┘
SELECT
    arrayFilter(
        (i, x) -> x LIKE '%World%',
        arrayEnumerate(arr),
        ['Hello', 'abc World'] AS arr)
    AS res
┌─res─┐
│ [2] │
└─────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayFilter 機能。

arrayFill(func, arr1, …) 

スキャンスルー arr1 最初の要素から最後の要素へと置き換えます arr1[i] によって arr1[i - 1] もし func 0を返します。 の最初の要素 arr1 交換されません。

例:

SELECT arrayFill(x -> not isNull(x), [1, null, 3, 11, 12, null, null, 5, 6, 14, null, null]) AS res
┌─res──────────────────────────────┐
│ [1,1,3,11,12,12,12,5,6,14,14,14] │
└──────────────────────────────────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayFill 機能。

arrayReverseFill(func, arr1, …) 

スキャンスルー arr1 最後の要素から最初の要素へと置き換えます arr1[i] によって arr1[i + 1] もし func 0を返します。 の最後の要素 arr1 交換されません。

例:

SELECT arrayReverseFill(x -> not isNull(x), [1, null, 3, 11, 12, null, null, 5, 6, 14, null, null]) AS res
┌─res────────────────────────────────┐
│ [1,3,3,11,12,5,5,5,6,14,NULL,NULL] │
└────────────────────────────────────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayReverseFill 機能。

arraySplit(func, arr1, …) 

分割 arr1 複数の配列に。 とき func 0以外のものを返すと、配列は要素の左側で分割されます。 配列は最初の要素の前に分割されません。

例:

SELECT arraySplit((x, y) -> y, [1, 2, 3, 4, 5], [1, 0, 0, 1, 0]) AS res
┌─res─────────────┐
│ [[1,2,3],[4,5]] │
└─────────────────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arraySplit 機能。

arrayReverseSplit(func, arr1, …) 

分割 arr1 複数の配列に。 とき func 0以外のものを返すと、配列は要素の右側に分割されます。 配列は最後の要素の後に分割されません。

例:

SELECT arrayReverseSplit((x, y) -> y, [1, 2, 3, 4, 5], [1, 0, 0, 1, 0]) AS res
┌─res───────────────┐
│ [[1],[2,3,4],[5]] │
└───────────────────┘

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arraySplit 機能。

arrayCount([func,] arr1, …) 

Funcが0以外のものを返すarr配列内の要素の数を返します。 もし ‘func’ 指定されていない場合は、配列内のゼロ以外の要素の数を返します。

arrayExists([func,] arr1, …) 

少なくとも一つの要素がある場合は1を返します ‘arr’ そのために ‘func’ 0以外のものを返します。 それ以外の場合は0を返します。

arrayAll([func,] arr1, …) 

場合は1を返します ‘func’ 内のすべての要素に対して0以外のものを返します ‘arr’. それ以外の場合は0を返します。

arraySum([func,] arr1, …) 

の合計を返します。 ‘func’ 値。 関数を省略すると、配列要素の合計が返されます。

arrayFirst(func, arr1, …) 

の最初の要素を返します。 ‘arr1’ これに対する配列 ‘func’ 0以外のものを返します。

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayFirst 機能。

arrayFirstIndex(func, arr1, …) 

の最初の要素のインデックスを返します。 ‘arr1’ これに対する配列 ‘func’ 0以外のものを返します。

最初の引数(ラムダ関数)は省略できないことに注意してください。 arrayFirstIndex 機能。

arrayCumSum([func,] arr1, …) 

ソース配列内の要素の部分和(実行中の合計)の配列を返します。 もし func 関数が指定されると、配列要素の値は合計する前にこの関数によって変換されます。

例:

SELECT arrayCumSum([1, 1, 1, 1]) AS res
┌─res──────────┐
│ [1, 2, 3, 4] │
└──────────────┘

arrayCumSumNonNegative(arr) 

同じ arrayCumSum,ソース配列内の要素の部分和の配列を返します(実行中の合計)。 異なる arrayCumSum 返された値にゼロ未満の値が含まれている場合、値はゼロに置き換えられ、その後の計算はゼロパラメータで実行されます。 例えば:

SELECT arrayCumSumNonNegative([1, 1, -4, 1]) AS res
┌─res───────┐
│ [1,2,0,1] │
└───────────┘

arraySort([func,] arr1, …) 

の要素を並べ替えた結果として配列を返します arr1 昇順で。 もし func 関数が指定され、ソート順序は関数の結果によって決定されます func 配列(配列)の要素に適用されます)

その シュワルツ変換 分類の効率を改善するのに使用されています。

例:

SELECT arraySort((x, y) -> y, ['hello', 'world'], [2, 1]);
┌─res────────────────┐
│ ['world', 'hello'] │
└────────────────────┘

詳細については、 arraySort 方法は、参照してください 配列を操作するための関数 セクション

arrayReverseSort([func,] arr1, …) 

の要素を並べ替えた結果として配列を返します arr1 降順で。 もし func 関数が指定され、ソート順序は関数の結果によって決定されます func 配列(配列)の要素に適用されます。

例:

SELECT arrayReverseSort((x, y) -> y, ['hello', 'world'], [2, 1]) as res;
┌─res───────────────┐
│ ['hello','world'] │
└───────────────────┘

詳細については、 arrayReverseSort 方法は、参照してください 配列を操作するための関数 セクション

元の記事

Rating: 3.1 - 8 votes

Was this content helpful?
★★★☆☆