Null許容集計を操作するための関数 

isNull 

引数が NULL.

isNull(x)

パラメータ

  • x — A value with a non-compound data type.

戻り値

  • 1 もし xNULL.
  • 0 もし x ではない NULL.

入力テーブル

┌─x─┬────y─┐
│ 1 │ ᴺᵁᴸᴸ │
│ 2 │    3 │
└───┴──────┘

クエリ

SELECT x FROM t_null WHERE isNull(y)
┌─x─┐
│ 1 │
└───┘

isNotNull 

引数が NULL.

isNotNull(x)

パラメータ:

  • x — A value with a non-compound data type.

戻り値

  • 0 もし xNULL.
  • 1 もし x ではない NULL.

入力テーブル

┌─x─┬────y─┐
│ 1 │ ᴺᵁᴸᴸ │
│ 2 │    3 │
└───┴──────┘

クエリ

SELECT x FROM t_null WHERE isNotNull(y)
┌─x─┐
│ 2 │
└───┘

合体 

左から右にチェックするかどうか NULL 引数が渡され、最初のnonを返します-NULL 引数。

coalesce(x,...)

パラメータ:

  • 非複合型の任意の数のパラメーター。 すべてのパラメータに対応していることが必要となるデータ型になります。

戻り値

  • 最初の非-NULL 引数。
  • NULL すべての引数が NULL.

顧客に連絡する複数の方法を指定できる連絡先のリストを検討してください。

┌─name─────┬─mail─┬─phone─────┬──icq─┐
│ client 1 │ ᴺᵁᴸᴸ │ 123-45-67 │  123 │
│ client 2 │ ᴺᵁᴸᴸ │ ᴺᵁᴸᴸ      │ ᴺᵁᴸᴸ │
└──────────┴──────┴───────────┴──────┘

その mailphone フィールドはString型ですが、 icq フィールドは UInt32 したがって、変換する必要があります String.

連絡先リストから顧客に対して最初に使用可能な連絡先方法を取得する:

SELECT coalesce(mail, phone, CAST(icq,'Nullable(String)')) FROM aBook
┌─name─────┬─coalesce(mail, phone, CAST(icq, 'Nullable(String)'))─┐
│ client 1 │ 123-45-67                                            │
│ client 2 │ ᴺᵁᴸᴸ                                                 │
└──────────┴──────────────────────────────────────────────────────┘

ifNull 

Main引数が次の場合、代替値を返します NULL.

ifNull(x,alt)

パラメータ:

  • x — The value to check for NULL.
  • alt — The value that the function returns if xNULL.

戻り値

  • x,if x ではない NULL.
  • alt,if xNULL.

SELECT ifNull('a', 'b')
┌─ifNull('a', 'b')─┐
│ a                │
└──────────────────┘
SELECT ifNull(NULL, 'b')
┌─ifNull(NULL, 'b')─┐
│ b                 │
└───────────────────┘

ヌリフ 

ツづゥツ。 NULL 引数が等しい場合。

nullIf(x, y)

パラメータ:

x, y — Values for comparison. They must be compatible types, or ClickHouse will generate an exception.

戻り値

  • NULL、引数が等しい場合。
  • その x 引数が等しくない場合の値。

SELECT nullIf(1, 1)
┌─nullIf(1, 1)─┐
│         ᴺᵁᴸᴸ │
└──────────────┘
SELECT nullIf(1, 2)
┌─nullIf(1, 2)─┐
│            1 │
└──────────────┘

assumeNotNull 

結果はtypeの値になります Null可能 非のため- Nullable 値が NULL.

assumeNotNull(x)

パラメータ:

  • x — The original value.

戻り値

  • 非からの元の値-Nullable そうでない場合は、タイプ NULL.
  • 非のデフォルト値-Nullable 元の値が NULL.

を考える t_null テーブル。

SHOW CREATE TABLE t_null
┌─statement─────────────────────────────────────────────────────────────────┐
│ CREATE TABLE default.t_null ( x Int8,  y Nullable(Int8)) ENGINE = TinyLog │
└───────────────────────────────────────────────────────────────────────────┘
┌─x─┬────y─┐
│ 1 │ ᴺᵁᴸᴸ │
│ 2 │    3 │
└───┴──────┘

を適用する assumeNotNull に対する関数 y 列。

SELECT assumeNotNull(y) FROM t_null
┌─assumeNotNull(y)─┐
│                0 │
│                3 │
└──────────────────┘
SELECT toTypeName(assumeNotNull(y)) FROM t_null
┌─toTypeName(assumeNotNull(y))─┐
│ Int8                         │
│ Int8                         │
└──────────────────────────────┘

toNullable 

引数の型を次のように変換します Nullable.

toNullable(x)

パラメータ:

  • x — The value of any non-compound type.

戻り値

  • Aを持つ入力値 Nullable タイプ。

SELECT toTypeName(10)
┌─toTypeName(10)─┐
│ UInt8          │
└────────────────┘
SELECT toTypeName(toNullable(10))
┌─toTypeName(toNullable(10))─┐
│ Nullable(UInt8)            │
└────────────────────────────┘

評価: 2.5 - 2 投票

この内容は有用だったか。
★★★☆☆