外部辞書を操作するための関数 

情報の接続や設定の外部辞書参照 外部辞書.

dictGet 

外部ディクショナリから値を取得します。

dictGet('dict_name', 'attr_name', id_expr)
dictGetOrDefault('dict_name', 'attr_name', id_expr, default_value_expr)

パラメータ

  • dict_name — Name of the dictionary. 文字列リテラル.
  • attr_name — Name of the column of the dictionary. 文字列リテラル.
  • id_expr — Key value. aを返す UInt64 または タプル-辞書構成に応じて値を入力します。
  • default_value_expr — Value returned if the dictionary doesn't contain a row with the id_expr キー データ型の値を返します。 attr_name 属性。

戻り値

  • ClickHouseが属性を正常に解析した場合、 属性のデータ型,関数は、に対応する辞書属性の値を返します id_expr.

  • キーがない場合、対応する id_expr、辞書では、:

    - `dictGet` returns the content of the `<null_value>` element specified for the attribute in the dictionary configuration.
    - `dictGetOrDefault` returns the value passed as the `default_value_expr` parameter.
    

ClickHouseは、属性の値を解析できない場合、または値が属性データ型と一致しない場合に例外をスローします。

テキストファイルの作成 ext-dict-text.csv 以下を含む:

1,1
2,2

最初の列は次のとおりです id 二つ目の列は c1.

外部辞書の構成:

<yandex>
    <dictionary>
        <name>ext-dict-test</name>
        <source>
            <file>
                <path>/path-to/ext-dict-test.csv</path>
                <format>CSV</format>
            </file>
        </source>
        <layout>
            <flat />
        </layout>
        <structure>
            <id>
                <name>id</name>
            </id>
            <attribute>
                <name>c1</name>
                <type>UInt32</type>
                <null_value></null_value>
            </attribute>
        </structure>
        <lifetime>0</lifetime>
    </dictionary>
</yandex>

クエリの実行:

SELECT
    dictGetOrDefault('ext-dict-test', 'c1', number + 1, toUInt32(number * 10)) AS val,
    toTypeName(val) AS type
FROM system.numbers
LIMIT 3
┌─val─┬─type───┐
│   1 │ UInt32 │
│   2 │ UInt32 │
│  20 │ UInt32 │
└─────┴────────┘

も参照。

ディクタス 

キーが辞書に存在するかどうかを確認します。

dictHas('dict_name', id_expr)

パラメータ

戻り値

  • キーがない場合は0。
  • 1、キーがある場合。

タイプ: UInt8.

dictGetHierarchy 

キーのすべての親を含む配列を作成します。 階層辞書.

構文

dictGetHierarchy('dict_name', key)

パラメータ

戻り値

  • 鍵の親。

タイプ: 配列(UInt64).

ジクチシン 

辞書の階層チェーン全体を通して、キーの祖先をチェックします。

dictIsIn('dict_name', child_id_expr, ancestor_id_expr)

パラメータ

  • dict_name — Name of the dictionary. 文字列リテラル.
  • child_id_expr — Key to be checked. aを返す UInt64-タイプ値。
  • ancestor_id_expr — Alleged ancestor of the child_id_expr キー aを返す UInt64-タイプ値。

戻り値

  • 0の場合 child_id_expr の子ではありません ancestor_id_expr.
  • 1の場合 child_id_expr の子である ancestor_id_expr または child_id_exprancestor_id_expr.

タイプ: UInt8.

その他の機能 

ClickHouseは、辞書構成に関係なく、辞書属性の値を特定のデータ型に変換する特殊な関数をサポートしています。

関数:

  • dictGetInt8, dictGetInt16, dictGetInt32, dictGetInt64
  • dictGetUInt8, dictGetUInt16, dictGetUInt32, dictGetUInt64
  • dictGetFloat32, dictGetFloat64
  • dictGetDate
  • dictGetDateTime
  • dictGetUUID
  • dictGetString

これらの関数はすべて、 OrDefault 修正 例えば, dictGetDateOrDefault.

構文:

dictGet[Type]('dict_name', 'attr_name', id_expr)
dictGet[Type]OrDefault('dict_name', 'attr_name', id_expr, default_value_expr)

パラメータ

  • dict_name — Name of the dictionary. 文字列リテラル.
  • attr_name — Name of the column of the dictionary. 文字列リテラル.
  • id_expr — Key value. aを返す UInt64-タイプ値。
  • default_value_expr — Value which is returned if the dictionary doesn't contain a row with the id_expr キー データ型に設定された値を返す attr_name 属性。

戻り値

  • ClickHouseが属性を正常に解析した場合、 属性のデータ型,関数は、に対応する辞書属性の値を返します id_expr.

  • 要求がない場合 id_expr 辞書では:

    - `dictGet[Type]` returns the content of the `<null_value>` element specified for the attribute in the dictionary configuration.
    - `dictGet[Type]OrDefault` returns the value passed as the `default_value_expr` parameter.
    

ClickHouseは、属性の値を解析できない場合、または値が属性データ型と一致しない場合に例外をスローします。

元の記事

Rating: 2.2 - 12 votes

Was this content helpful?
★★☆☆☆