算術関数 

すべての算術関数について、結果の型は、そのような型がある場合、結果が収まる最小の数値型として計算されます。 最小値は、ビット数、署名されているかどうか、および浮動小数点数に基づいて同時に取得されます。 十分なビットがない場合は、最も高いビットタイプが取られます。

例:

SELECT toTypeName(0), toTypeName(0 + 0), toTypeName(0 + 0 + 0), toTypeName(0 + 0 + 0 + 0)
┌─toTypeName(0)─┬─toTypeName(plus(0, 0))─┬─toTypeName(plus(plus(0, 0), 0))─┬─toTypeName(plus(plus(plus(0, 0), 0), 0))─┐
│ UInt8         │ UInt16                 │ UInt32                          │ UInt64                                   │
└───────────────┴────────────────────────┴─────────────────────────────────┴──────────────────────────────────────────┘

算術関数は、UInt8、UInt16、UInt32、UInt64、Int8、Int16、Int32、Int64、Float32、Float64のいずれかの型のペアに対しても機能します。

オーバーフローは、C++と同じ方法で生成されます。

プラス(a、b)、a+b演算子 

数値の合計を計算します。
また、日付または日付と時刻を持つ整数を追加することもできます。 日付の場合、整数を追加することは、対応する日数を追加することを意味します。 日付と時刻の場合は、対応する秒数を加算することを意味します。

マイナス(a,b),a-b演算子 

差を計算します。 結果は常に署名されます。

You can also calculate integer numbers from a date or date with time. The idea is the same – see above for ‘plus’.

乗算(a,b),a*b演算子 

数値の積を計算します。

除算(a,b)、a/b演算子 

数値の商を計算します。 結果の型は常に浮動小数点型です。
整数除算ではありません。 整数除算の場合は、 ‘intDiv’ 機能。
ゼロで割ると ‘inf’, ‘-inf’,または ‘nan’.

intDiv(a,b) 

数値の商を計算します。 整数に分割し、(絶対値で)丸めます。
例外は、ゼロで除算するとき、または最小の負の数をマイナスで除算するときにスローされます。

intDivOrZero(a,b) 

とは異なる ‘intDiv’ ゼロで除算するとき、または最小の負の数をマイナスで除算するときにゼロを返します。

modulo(a,b),a%b演算子 

除算後の剰余を計算します。
引数が浮動小数点数の場合は、小数点部分を削除することによって整数に事前変換されます。
残りはC++と同じ意味で取られます。 切り捨て除算は、負の数に使用されます。
例外は、ゼロで除算するとき、または最小の負の数をマイナスで除算するときにスローされます。

moduloOrZero(a,b) 

とは異なる ‘modulo’ 除数がゼロのときにゼロを返すという点で。

否定(a),-演算子 

逆符号で数値を計算します。 結果は常に署名されます。

abs(a) 

数値(a)の絶対値を算出する。 つまり、a\<0の場合、-aを返します。 符号付き整数型の場合、符号なしの数値を返します。

gcd(a,b) 

数値の最大公約数を返します。
例外は、ゼロで除算するとき、または最小の負の数をマイナスで除算するときにスローされます。

lcm(a,b) 

数値の最小公倍数を返します。
例外は、ゼロで除算するとき、または最小の負の数をマイナスで除算するときにスローされます。

評価: 4 - 1 投票

この内容は有用だったか。
★★★★☆