間隔 

時間と日付間隔を表すデータ型のファミリ。 の結果の型 INTERVAL オペレーター

構造:

  • 符号なし整数値としての時間間隔。
  • 間隔のタイプ。

サポートさ:

  • SECOND
  • MINUTE
  • HOUR
  • DAY
  • WEEK
  • MONTH
  • QUARTER
  • YEAR

間隔タイプごとに、個別のデータタイプがあります。 例えば、 DAY 区間は IntervalDay データ型:

SELECT toTypeName(INTERVAL 4 DAY)
┌─toTypeName(toIntervalDay(4))─┐
│ IntervalDay                  │
└──────────────────────────────┘

使用上の注意 

以下を使用できます Interval-算術演算の値を 日付DateTime-値を入力します。 たとえば、現在の時刻に4日を追加できます:

SELECT now() as current_date_time, current_date_time + INTERVAL 4 DAY
┌───current_date_time─┬─plus(now(), toIntervalDay(4))─┐
│ 2019-10-23 10:58:45 │           2019-10-27 10:58:45 │
└─────────────────────┴───────────────────────────────┘

異なるタイプの間隔は結合できません。 次のような間隔は使用できません 4 DAY 1 HOUR. 間隔は、間隔など、間隔の最小単位より小さい単位または等しい単位で指定します 1 day and an hour 間隔は次のように表現できます 25 HOUR または 90000 SECOND.

次の操作で算術演算を実行することはできません Interval-値を入力しますが、結果として異なるタイプの間隔を値に追加することができます。 Date または DateTime データ型。 例えば:

SELECT now() AS current_date_time, current_date_time + INTERVAL 4 DAY + INTERVAL 3 HOUR
┌───current_date_time─┬─plus(plus(now(), toIntervalDay(4)), toIntervalHour(3))─┐
│ 2019-10-23 11:16:28 │                                    2019-10-27 14:16:28 │
└─────────────────────┴────────────────────────────────────────────────────────┘

次のクエリでは、例外が発生します:

select now() AS current_date_time, current_date_time + (INTERVAL 4 DAY + INTERVAL 3 HOUR)
Received exception from server (version 19.14.1):
Code: 43. DB::Exception: Received from localhost:9000. DB::Exception: Wrong argument types for function plus: if one argument is Interval, then another must be Date or DateTime..

も参照。 

Rating: 5 - 1 votes

Was this content helpful?
★★★★★