集計関数 

集計関数は、 標準 データベースの専門家が予想通りの方法。

ClickHouseはまた支えます:

ヌル処理 

集計中、すべて NULLsはスキップされます。

例:

次の表を考えます:

┌─x─┬────y─┐
│ 1 │    2 │
│ 2 │ ᴺᵁᴸᴸ │
│ 3 │    2 │
│ 3 │    3 │
│ 3 │ ᴺᵁᴸᴸ │
└───┴──────┘

の値を合計する必要があるとしましょう y 列:

SELECT sum(y) FROM t_null_big
┌─sum(y)─┐
│      7 │
└────────┘

その sum 関数は解釈します NULL として 0. 特に、これは、関数がすべての値が次のような選択範囲の入力を受け取った場合 NULL 結果は次のようになります 0 ない NULL.

今すぐ使用することができます groupArray から配列を作成する関数 y 列:

SELECT groupArray(y) FROM t_null_big
┌─groupArray(y)─┐
│ [2,2,3]       │
└───────────────┘

groupArray 含まない NULL 結果の配列で。

元の記事

Rating: 4 - 4 votes

Was this content helpful?
★★★★☆