設定の制約 

設定に関する制約は、以下で定義することができます。 profiles のセクション user.xml 設定ファイルとユーザーが設定の一部を変更することを禁止します。 SET クエリ。
制約は次のように定義されます:

<profiles>
  <user_name>
    <constraints>
      <setting_name_1>
        <min>lower_boundary</min>
      </setting_name_1>
      <setting_name_2>
        <max>upper_boundary</max>
      </setting_name_2>
      <setting_name_3>
        <min>lower_boundary</min>
        <max>upper_boundary</max>
      </setting_name_3>
      <setting_name_4>
        <readonly/>
      </setting_name_4>
    </constraints>
  </user_name>
</profiles>

ユーザーが制約に違反しようとすると、例外がスローされ、設定は変更されません。
サポートされている制約は以下の通りです: min, max, readonly. その minmax 制約は、数値設定の上限と下限を指定し、組み合わせて使用できます。 その readonly 制約を指定すると、ユーザーは変更できませんので、対応する設定です。

例: さあ users.xml 行を含む:

<profiles>
  <default>
    <max_memory_usage>10000000000</max_memory_usage>
    <force_index_by_date>0</force_index_by_date>
    ...
    <constraints>
      <max_memory_usage>
        <min>5000000000</min>
        <max>20000000000</max>
      </max_memory_usage>
      <force_index_by_date>
        <readonly/>
      </force_index_by_date>
    </constraints>
  </default>
</profiles>

以下のクエリすべての例外をスロー:

SET max_memory_usage=20000000001;
SET max_memory_usage=4999999999;
SET force_index_by_date=1;
Code: 452, e.displayText() = DB::Exception: Setting max_memory_usage should not be greater than 20000000000.
Code: 452, e.displayText() = DB::Exception: Setting max_memory_usage should not be less than 5000000000.
Code: 452, e.displayText() = DB::Exception: Setting force_index_by_date should not be changed.

注: その default プロファイルには特別な処理があります。 default プロのデフォルトの制約、その制限するすべてのユーザーまでの彼らのメソッドを明示的にこれらのユーザー

元の記事

Rating: 4 - 1 votes

Was this content helpful?
★★★★☆