設定ファイル 

ClickHouseは複数のファイル構成管理をサポートします。 主サーバ設定ファイルで指定することがで /etc/clickhouse-server/config.xml. その他のファイルは /etc/clickhouse-server/config.d ディレクトリ。

メイン構成ファイルで指定された一部の設定は、他の構成ファイルで上書きできます。 その replace または remove これらの構成ファイルの要素に属性を指定できます。

どちらも指定されていない場合は、要素の内容を再帰的に結合し、重複する子の値を置き換えます。

もし replace 指定された要素全体を指定された要素に置き換えます。

もし remove 指定されると、要素を削除します。

この設定はまた、 “substitutions”. 要素が incl 属性は、ファイルからの対応する置換が値として使用されます。 デフォルトでは、ファイルへのパスとの置換を行う /etc/metrika.xml. これはで変えることができます include_from サーバー設定の要素。 置換値は、次のように指定されます /yandex/substitution_name このファイル内の要素。 で指定された置換の場合 incl 存在しない場合は、ログに記録されます。 ClickHouseが不足している置換をログに記録しないようにするには、 optional="true" 属性(たとえば、 マクロ).

置換はZooKeeperからも実行できます。 これを行うには、属性を指定します from_zk = "/path/to/node". 要素の値は、ノードの内容に置き換えられます。 /path/to/node 飼育係で。 また、ZooKeeperノードにXMLサブツリー全体を配置することもできます。

その config.xml ファイルを指定することで別のconfigユーザー設定、プロファイルに割り振ります。 この設定への相対パスは users_config 要素。 既定では、次のようになります users.xml. もし users_config ユーザー設定、プロファイル、およびクォータは、 config.xml.

ユーザー設定は、次のような別々のファイルに分割できます config.xmlconfig.d/.
ディレク users_config 設定なし .xml と連結された後置 .d.
Directory users.d デフォルトでは users_config デフォルトは users.xml.
たとえば、次のようにユーザーごとに別々の設定ファイルを作成できます:

$ cat /etc/clickhouse-server/users.d/alice.xml
<yandex>
    <users>
      <alice>
          <profile>analytics</profile>
            <networks>
                  <ip>::/0</ip>
            </networks>
          <password_sha256_hex>...</password_sha256_hex>
          <quota>analytics</quota>
      </alice>
    </users>
</yandex>

各設定ファイルでは、サーバともある file-preprocessed.xml 起動時のファイル。 これらのファイルには、完了したすべての置換と上書きが含まれており、情報提供を目的としています。 設定ファイルでZooKeeperの置換が使用されていても、サーバーの起動時にZooKeeperが使用できない場合、サーバーは前処理されたファイルから設定をロードします。

サーバーは、設定ファイルの変更、置換および上書きの実行時に使用されたファイルおよびZooKeeperノードを追跡し、ユーザーおよびクラスターの設定をその場で再ロード つまり、サーバーを再起動せずにクラスター、ユーザー、およびその設定を変更できます。

元の記事

Rating: 2.2 - 44 votes

Was this content helpful?
★★☆☆☆