設置 

システム要件 

ClickHouseは、x86_64、AArch64、またはPowerPC64LE CPUアーキテクチャを持つLinux、FreeBSD、またはMac OS X上で実行できます。

公式の事前ビルドされたバイナリは、通常、x86_64用にコンパイルされ、SSE4.2命令セットを利用するため、特に明記されていない限り、それをサポートす このコマンドをチェックが現在のCPU支援のためのSSE4.2:

$ grep -q sse4_2 /proc/cpuinfo && echo "SSE 4.2 supported" || echo "SSE 4.2 not supported"

走ClickHouseにプロセッサーをサポートしていないSSE4.2てAArch64はPowerPC64LE建築き ソースからClickHouseを構築 適切な構成調節を使って。

利用できる設置選択 

DEBパッケージから 

公式の事前コンパイルを使用することをお勧めします deb DebianまたはUbuntu用のパッケージ。 走りこれらのコマンド置パッケージ:

sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates dirmngr
sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv E0C56BD4

echo "deb https://repo.clickhouse.tech/deb/stable/ main/" | sudo tee \
    /etc/apt/sources.list.d/clickhouse.list
sudo apt-get update

sudo apt-get install -y clickhouse-server clickhouse-client

sudo service clickhouse-server start
clickhouse-client

最新のバージョンを使用する場合は、置き換えます stabletesting (これはテスト環境に推奨されます)。

でもダウンロードとインストールパッケージ動 ここに.

パッケージ 

  • clickhouse-common-static — Installs ClickHouse compiled binary files.
  • clickhouse-server — Creates a symbolic link for clickhouse-server とをインストールしデフォルトのサーバーの設定をします。
  • clickhouse-client — Creates a symbolic link for clickhouse-client そして他の顧客関連の用具。 および設置お客様の設定ファイルです。
  • clickhouse-common-static-dbg — Installs ClickHouse compiled binary files with debug info.

RPMパッケージから 

公式の事前コンパイルを使用することをお勧めします rpm CentOS、RedHat、その他すべてのrpmベースのLinuxディストリビューション用のパッケージ。

まず、公式リポジトリを追加する必要があります:

sudo yum install yum-utils
sudo rpm --import https://repo.clickhouse.tech/CLICKHOUSE-KEY.GPG
sudo yum-config-manager --add-repo https://repo.clickhouse.tech/rpm/stable/x86_64

最新のバージョンを使用する場合は、置き換えます stabletesting (これはテスト環境に推奨されます)。 その prestable タグは時々あまりにも利用可能です。

そこにこれらのコマンド置パッケージ:

sudo yum install clickhouse-server clickhouse-client

でもダウンロードとインストールパッケージ動 ここに.

Tgzアーカイブから 

公式の事前コンパイルを使用することをお勧めします tgz のインストール deb または rpm パッケージはできません。

必要なバージョンは次のとおりです curl または wget リポジトリからhttps://repo.clickhouse.tech/tgz/.
その後、アーカイブをダウンロードは開梱と設置と設置のためのイントロダクションです。 最新バージョンの例:

export LATEST_VERSION=`curl https://api.github.com/repos/ClickHouse/ClickHouse/tags 2>/dev/null | grep -Eo '[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+\.[0-9]+' | head -n 1`
curl -O https://repo.clickhouse.tech/tgz/clickhouse-common-static-$LATEST_VERSION.tgz
curl -O https://repo.clickhouse.tech/tgz/clickhouse-common-static-dbg-$LATEST_VERSION.tgz
curl -O https://repo.clickhouse.tech/tgz/clickhouse-server-$LATEST_VERSION.tgz
curl -O https://repo.clickhouse.tech/tgz/clickhouse-client-$LATEST_VERSION.tgz

tar -xzvf clickhouse-common-static-$LATEST_VERSION.tgz
sudo clickhouse-common-static-$LATEST_VERSION/install/doinst.sh

tar -xzvf clickhouse-common-static-dbg-$LATEST_VERSION.tgz
sudo clickhouse-common-static-dbg-$LATEST_VERSION/install/doinst.sh

tar -xzvf clickhouse-server-$LATEST_VERSION.tgz
sudo clickhouse-server-$LATEST_VERSION/install/doinst.sh
sudo /etc/init.d/clickhouse-server start

tar -xzvf clickhouse-client-$LATEST_VERSION.tgz
sudo clickhouse-client-$LATEST_VERSION/install/doinst.sh

本番環境では、最新のものを使用することをお勧めします stable-バージョン。 き、その番号をGitHubのページhttps://github.com/ClickHouse/ClickHouse/tags とpostfix -stable.

Dockerイメージから 

Docker内でClickHouseを実行するには、次のガイドに従います Dockerハブ. このように映像公 deb 中のパッケージ。

ソースから 

ClickHouseを手動でコンパイルするには、以下の手順に従います Linux または Mac OS X.

できるコンパイルパッケージはインストールしていたプログラムを使用もインストールせずにパッケージ。 またビルを手動で無数の組み合わせで自分だけのSSE4.2に必要構築のためのAArch64定する必要はありません。

  Client: programs/clickhouse-client
  Server: programs/clickhouse-server

データフォルダとメタデータフォルダを作成し、 chown 目的のユーザーのためのそれら。 それらのパスは、サーバー設定(src/programs/server/config)で変更することができます。xml)、デフォルトでは:

  /opt/clickhouse/data/default/
  /opt/clickhouse/metadata/default/

Gentooでは、以下を使用することができます emerge clickhouse ソースからClickHouseをインストールする。

起動 

サーバを起動デーモンとして、:

$ sudo service clickhouse-server start

あなたが持っていない場合 service コマンドとして実行

$ sudo /etc/init.d/clickhouse-server start

のログを参照してください /var/log/clickhouse-server/ ディレクトリ。

サーバーが起動しない場合は、ファイル内の構成を確認してください /etc/clickhouse-server/config.xml.

または手動で開始のサーバーからのコンソール:

$ clickhouse-server --config-file=/etc/clickhouse-server/config.xml

この場合、ログはコンソールに印刷され、開発中に便利です。
設定ファイルがカレントディレクトリにある場合は、 --config-file パラメータ。 デフォルトでは、 ./config.xml.

ClickHouse対応アクセス制限を設定します。 彼らはに位置しています users.xml ファイル(隣のファイル config.xml).
デフォルトでは、 default ユーザー、パスワードなし。 見る user/default/networks.
詳細については “Configuration Files”.

Serverを起動した後、コマンドラインクライアントを使用してserverに接続できます:

$ clickhouse-client

デフォルトでは、 localhost:9000 ユーザーに代わって default パスワードなし。 また、リモートサーバに接続するために使用することもできます --host 引数。

端末はUTF-8エンコードを使用する必要があります。
詳細については “Command-line client”.

例:

$ ./clickhouse-client
ClickHouse client version 0.0.18749.
Connecting to localhost:9000.
Connected to ClickHouse server version 0.0.18749.

:) SELECT 1

SELECT 1

┌─1─┐
│ 1 │
└───┘

1 rows in set. Elapsed: 0.003 sec.

:)

生、おめでとうございます、システムを作ります!!

継続実験をダウンロードでき、試験データセットやじ チュートリ.

評価: 4.7 - 18 投票

この内容は有用だったか。
★★★★★