マージ 

その Merge エンジン(と混同しないように MergeTree)を格納していないデータそのものができるから、他のテーブルを同時に
読み取りは自動的に並列化されます。 表への書き込みはサポートされません。 読み取り時には、実際に読み取られているテーブルのインデックスが存在する場合に使用されます。
その Merge データベース名とテーブルの正規表現です。

例:

Merge(hits, '^WatchLog')

データはのテーブルから読まれます hits 正規表現に一致する名前を持つデータベース ‘^WatchLog’.

データベース名の代わりに、文字列を返す定数式を使用できます。 例えば, currentDatabase().

Regular expressions — re2 (PCREのサブセットをサポート)、大文字と小文字を区別します。
正規表現におけるシンボルのエスケープに関する注意 “match” セクション

読み取るテーブルを選択するとき、 Merge 正規表現と一致しても、テーブル自体は選択されません。 これはループを避けるためです。
二つを作成することが可能です Merge 無限にお互いのデータを読み込もうとするテーブルですが、これは良い考えではありません。

使用する典型的な方法 Merge エンジンは多数を使用のためです TinyLog 単一のテーブルを持つかのようにテーブル。

例2:

古いテーブル(WatchLog_old)があり、データを新しいテーブル(WatchLog_new)に移動せずにパーティション分割を変更することにしたとしましょう。

CREATE TABLE WatchLog_old(date Date, UserId Int64, EventType String, Cnt UInt64)
ENGINE=MergeTree(date, (UserId, EventType), 8192);
INSERT INTO WatchLog_old VALUES ('2018-01-01', 1, 'hit', 3);

CREATE TABLE WatchLog_new(date Date, UserId Int64, EventType String, Cnt UInt64)
ENGINE=MergeTree PARTITION BY date ORDER BY (UserId, EventType) SETTINGS index_granularity=8192;
INSERT INTO WatchLog_new VALUES ('2018-01-02', 2, 'hit', 3);

CREATE TABLE WatchLog as WatchLog_old ENGINE=Merge(currentDatabase(), '^WatchLog');

SELECT *
FROM WatchLog
┌───────date─┬─UserId─┬─EventType─┬─Cnt─┐
│ 2018-01-01 │      1 │ hit       │   3 │
└────────────┴────────┴───────────┴─────┘
┌───────date─┬─UserId─┬─EventType─┬─Cnt─┐
│ 2018-01-02 │      2 │ hit       │   3 │
└────────────┴────────┴───────────┴─────┘

仮想列 

  • _table — Contains the name of the table from which data was read. Type: 文字列.

    定数条件は次のように設定できます _tableWHERE/PREWHERE 句(例えば, WHERE _table='xyz'). この場合、読み取り操作は、条件がオンのテーブルに対してのみ実行されます _table は満足しているので、 _table 列は索引として機能します。

も参照。

元の記事

Rating: 3.4 - 5 votes

Was this content helpful?
★★★☆☆