ファイル 

ファイルにテーブルエンジンのデータをファイルを使ったり、 ファイル
形式
(TabSeparated、Nativeなど).

使用例:

  • ClickHouseからファイルにデータエクスポート。
  • ある形式から別の形式にデータを変換します。
  • データ更新にClickHouse経由で編集ファイルディスク。

ClickHouseサーバーでの使用状況 

File(Format)

その Format パラメータを指定するか、ファイルのファイルフォーマット 実行するには
SELECT この形式は、入力と実行のためにサポートされている必要があります
INSERT queries – for output. The available formats are listed in the
形式 セクション

ClickHouseはファイルシステムのパスをFile. で定義されたフォルダを使用します パス サーバー構成の設定。

を使用して表を作成する場合 File(Format) で空のサブディレクトリとフォルダにまとめた。 データがそのテーブルに書き込まれると、 data.Format そのサブディレ

お手動で作成このサブフォルダやファイルサーバのファイルシステムとし ATTACH 一致する名前で情報を表すので、そのファイルからデータを照会することができます。

例:

1. セットアップ file_engine_table テーブル:

CREATE TABLE file_engine_table (name String, value UInt32) ENGINE=File(TabSeparated)

デフォルトでClickHouseフォルダを作成します /var/lib/clickhouse/data/default/file_engine_table.

2. 手動で作成 /var/lib/clickhouse/data/default/file_engine_table/data.TabSeparated 含む:

$ cat data.TabSeparated
one 1
two 2

3. データの照会:

SELECT * FROM file_engine_table
┌─name─┬─value─┐
│ one  │     1 │
│ two  │     2 │
└──────┴───────┘

ClickHouseでの使用-ローカル 

ツつィツ姪"ツ債ツつケ ファイルエンジンは、以下に加えて Format. デフォルトの入出力ストリームは、次のような数値または人間が読める名前で指定できます 0 または stdin, 1 または stdout.
例:

$ echo -e "1,2\n3,4" | clickhouse-local -q "CREATE TABLE table (a Int64, b Int64) ENGINE = File(CSV, stdin); SELECT a, b FROM table; DROP TABLE table"

実施内容 

  • 複数 SELECT クエリは同時に実行できますが INSERT クエリは互いに待機します。
  • 新しいファイルを作成する INSERT クエリ。
  • ファイルが存在する場合, INSERT それに新しい値を追加します。
  • 対応していません:
    • ALTER
    • SELECT ... SAMPLE
    • 指数
    • 複製

評価: 4 - 1 投票

この内容は有用だったか。
★★★★☆