Mac OS X用のLinux上でClickHouseを構築する方法 

これは、Linuxマシンを使用してビルドする場合のためのものです clickhouse これは、Linuxサーバー上で実行される継続的な統合チェックを目的としています。 Mac OS X上でClickHouseを直接ビルドする場合は、次の手順に進みます 別の命令.

Mac OS X用のクロスビルドは ビルド命令 先について来い

Clang-8をインストール 

の指示に従ってくださいhttps://apt.llvm.org/あなたのUbuntuまたはDebianのセットアップ用。
例えば、コマンドバイオニックのような:

sudo echo "deb [trusted=yes] http://apt.llvm.org/bionic/ llvm-toolchain-bionic-8 main" >> /etc/apt/sources.list
sudo apt-get install clang-8

クロスコンパイルツールセット 

インストール先のパスを覚えてみましょう cctools として${CCTOOLS}

mkdir ${CCTOOLS}

git clone https://github.com/tpoechtrager/apple-libtapi.git
cd apple-libtapi
INSTALLPREFIX=${CCTOOLS} ./build.sh
./install.sh
cd ..

git clone https://github.com/tpoechtrager/cctools-port.git
cd cctools-port/cctools
./configure --prefix=${CCTOOLS} --with-libtapi=${CCTOOLS} --target=x86_64-apple-darwin
make install

また、作業ツリーにmacOS X SDKをダウンロードする必要があります。

cd ClickHouse
wget 'https://github.com/phracker/MacOSX-SDKs/releases/download/10.14-beta4/MacOSX10.14.sdk.tar.xz'
mkdir -p build-darwin/cmake/toolchain/darwin-x86_64
tar xJf MacOSX10.14.sdk.tar.xz -C build-darwin/cmake/toolchain/darwin-x86_64 --strip-components=1

ビルドClickHouse 

cd ClickHouse
mkdir build-osx
CC=clang-8 CXX=clang++-8 cmake . -Bbuild-osx -DCMAKE_TOOLCHAIN_FILE=cmake/darwin/toolchain-x86_64.cmake \
    -DCMAKE_AR:FILEPATH=${CCTOOLS}/bin/x86_64-apple-darwin-ar \
    -DCMAKE_RANLIB:FILEPATH=${CCTOOLS}/bin/x86_64-apple-darwin-ranlib \
    -DLINKER_NAME=${CCTOOLS}/bin/x86_64-apple-darwin-ld
ninja -C build-osx

結果のバイナリはmach-O実行可能フォーマットを持ち、Linux上で実行することはできません。

Rating: 4 - 1 votes

Was this content helpful?
★★★★☆